相模湾コマセカツオ&マグロが好スタート ゴン攻めスタイルでラッシュ

相模湾コマセカツオ&マグロが好スタート ゴン攻めスタイルでラッシュ

8月1日に解禁した相模湾のカツオ&キハダ。解禁初日から好調との情報を受け、8月4日に小坪の洋征丸から乗船取材した。良型ラッシュの当日の模様をお届けする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

洋征丸でコマセカツオ

8月1日(日)に解禁したコマセ釣りで狙う相模湾のカツオ&キハダ。例年、コマセに反応するまで数日~1週間程度を要するが、今年は初日から絶好調。しかも、カツオは丸々とした最大4.5kgとデカい。そんな熱い状況のなか、8月4日(水)に小坪の洋征丸から乗船取材した。

6時前、全員がそろったところで出船、真沖のポイントへと走る。やがて、海の色が紺碧に変わると途中、イルカの群れに遭遇。水平線に目を向けると、3カ所に船団ができている。高木船長はナダ寄りを選択。

開始直後から怒とうの入れアタリ

6時45分、「用意してください」のアナウンス。この釣りは、ソナーで群れの進行方向を予測して先回り。投入合図の「どうぞ」の「ど」で、素早くビシを投入、指示ダナで一気にコマセをまく”ゴン攻め”スタイル。

相模湾コマセカツオ&マグロが好スタート ゴン攻めスタイルでラッシュ早々にカツオをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

ふた流し目、ここから怒とうの入れアタリになる。まず、口火を切ったのは右舷胴の間の羽鳥さん。続けて左舷胴の間の後藤さん。

相模湾コマセカツオ&マグロが好スタート ゴン攻めスタイルでラッシュニュータックルで本命ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

「この釣りは昨年から始めて、きょうはニューロッド&リールの初おろしです」と話す右舷トモ2番・松宮さん、同氏が師匠と呼ぶ宮川さんにもヒット。

相模湾コマセカツオ&マグロが好スタート ゴン攻めスタイルでラッシュ「師匠」にも本命がヒット(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

強引対策に太めのハリスを

このあと、ラン&ガンを繰り返して、船下に群れが入ると2人、3人同時に竿が曲がる。そのたび、船長はフライングブリッジから降りてきて、ネットで取り込んでいく。

相模湾コマセカツオ&マグロが好スタート ゴン攻めスタイルでラッシュ釣り仲間とカツオがダブルヒット(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

9時すぎ、ここまで3連続で逃げられていた羽鳥さんがキャッチして、船中全員が型を見る。

次のページでキメジも登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。