堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中

7月中旬、神奈川県平塚市にある平塚新港(ひらつかタマ三郎漁港)に、家族で釣行してきた。新規開拓の釣り場だったが、多種多様な魚が見られて楽しめた。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

平塚新港の釣況

平塚新港は初見の場所だったので、近くの釣具店でエサを買いがてら情報収集した。

情報によると、港内ではチョイ投げでシロギス、小魚が回ってくればサビキで小サバ、人気の先端部に入れればアジが投げサビキなどで有望とのこと。

また、相模川河口でクロダイの幼魚やコノシロがサビキで実績があるらしい。青イソメとコマセを購入して釣り場へ向かった。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中平塚新港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

当日のタックル

港内東側の堤防から突きだした小堤防付近に入る。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中地図上-4付近(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

タックルは2.4mのパックロッドに天ビン、オモリ5号2本バリのチョイ投げ仕掛けをセット。青イソメはタラシ3cm程度。

通常の水色はわからないが、かなり濁りがキツい。足元の水深を測ってみると約3m。少し投げて探ってみるが、起伏は感じられない。ていねいに探るがアタリはない。父がハオコゼを釣ったのみで沈黙の時間が続く。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中父のハコオコゼ(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

ブラクリでカサゴヒット

しばらくして突堤が空いたので移動。潮時表だと下げいっぱいの時間だったが、こちらは潮が動いていて、少し希望が持てそう。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中地図上-2付近(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

ブラクリで足元を探り、「コンコンくるけどハリ掛かりしない」と言っていた母にキタマクラがヒット。続けざまに大きなアタリでカサゴをキャッチ。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中母にカサゴ(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

カケアガリでシロギス

私は、おそらく船道だろうという辺りに仕掛けを投げ込み、カケアガリらしきところで仕掛けを止めて待つ。すると、ブルっと竿先がたたかれる。聞きアワせると上がってきたのは15cm級のシロギス。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中15cmのシロギス(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

同じポイントでハゼ、メゴチと続く。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中船道でメゴチ(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

妻は胴突き仕掛けで足元を攻めてベラをキャッチ。

堤防ファミリーフィッシングで魚種多彩 100均ジグでワカシも手中ベラをキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 小谷友樹)

次のページでは相模川河口付近の波止での釣りの模様を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。