沖のコマセ釣りで7kgの大型『メダイ』 サバとオマツリ避けてキャッチ

沖のコマセ釣りで7kgの大型『メダイ』 サバとオマツリ避けてキャッチ

焼津市の大井川港発の船でメダイを狙って釣行した。サバの猛攻とオマツリをかきわけ本命を攻略、3匹の釣果を得た釣行をリポートしたい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

焼津でメダイ釣り

7月24日、焼津市の大井川港からメダイ狙いで釣行した。午前4時30分に港に集合。この釣りはオマツリが多いので6人限定、私は右舷のミヨシに釣り座を取った。

早速タックルを準備する。サオのスーパースター60に電動リールをセット。片テンビンにコマセカゴと150号のオモリを垂らし、3mm径のクッションゴム、ハリス10号4.5m、チモトに夜光玉を入れ、ヒラマサ10号を結んだオリジナル1本バリ仕掛けを用意した。エサは船長が用意したコマセのオキアミと付けエサのサバ切り身だ。

用意ができて出港。港を出ると多少のウネリはあるがナギだ。1時間ほど走って駿河湾のセノ海に到着。僚船は好調のタチウオとカツオ狙いのためかいなかった。

オマツリ多発の釣り

午前6時になり釣り開始。コマセカゴにオキアミを詰めてポロポロと出るように調整する。ハリに船長が用意してくれたサバの切り身をチョン掛けして投入。この日の水深は140~160m、タナは15mを狙う。

オモリを投入後、すぐにタナを合わせてアタリを待つ。水温がかなり高くなったのかサバが多い。しばらくすると、コマセが効いたのかアタリが出始めたが、モゾモゾとしたアタリで本命ではない。左舷側はサバで、3人とも大オマツリだ。

オマツリを解くのにゆっくりとまったりとした時間が過ぎる。やっと解けたので移動して2投目、私にもサバがきた。そのまま全速で巻き上げ、釣ったサバをさばいて切り身にする。超新鮮なエサの出来上がりだ。

7kg大型メダイ浮上

そのサバを付けて投入する。タナを合わせて待っているとアタリがきた。サバみたいなモゾモゾとしたアタリだ。

巻き上げを待っていると、今度はサオが入った。アワセを入れないで、そのまま巻き上げる。アワセを入れるとスッポ抜けることが多いからだ。

途中、何度かリールが止まる。周りにオマツリした人がいないか確認。いない場合はかなりの良型だ。このときも引きがすごく強い。リールの巻き上げスピードを遅くすると皆オマツリしてしまうので、できる限り高速で巻き上げる。

沖のコマセ釣りで7kgの大型『メダイ』 サバとオマツリ避けてキャッチ弾丸ファイターメダイを御用(提供:週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳)

そしてドラグ調整。やがてリールが止まり、テンビンを回収すると、その下に大きな魚体が見えた。タモに入ったのは7kgの本命メダイだ。

サバかき分け本命3匹

すぐにエサを替えて投入する。またサバの猛攻に遭う。サオ先が震えるが掛からない。エサを取られているかもしれないので回収して確認すると、つつかれた感はあるが無事だ。巻き上げ、投入でかなり時間をロスしてしまう。

サバの猛攻中にも本命のアタリがある。本命と確信して巻き上げるが、他の人のサバとオマツリして思うように上げられずバラシが連発した。

それでも船内でポツリポツリと本命が上がる。私もチャンスがきてメダイをキャッチ。そして正午になり、5、6、7kgのメダイとサバ多数で納竿した。

これからの釣りは暑いので熱中症にも気をつけたい。納涼タチウオにも行きたいがメダイの引きももっと堪能したいので、もう一度釣行したい。

<週刊つりニュース中部版APC・鵜沢淳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
出船場所:大井川港
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年8月13日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。