『東京湾ワラサ釣り』開幕 豪快な引きが病みつきに【神奈川・剣崎沖】

『東京湾ワラサ釣り』開幕 豪快な引きが病みつきに【神奈川・剣崎沖】

東京湾剣崎沖の看板の一つ、豪快な引きを堪能させてくれるワラサが開幕した。トップ10尾前後の日もあり好調な滑りだしとのことで、7月23日は松輪港の瀬戸丸から出船した。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

瀬戸丸でワラサ狙い

東京湾剣崎沖といえばマダイ釣りで有名だが、豪快な引きを堪能させてくれるワラサも看板の一つ。季節限定ながら、ビギナーからベテランまで人気。

今年は早くも7月中旬から顔を見せ始め、トップ10尾前後の日もあり、好調な滑りだし。そこで、7月23日(金)、松輪港の瀬戸丸から出船。まさに本番突入に向けた確かな手応えを感じ取ることができた。

5時半少し前、鈴木弘・大船長の操船で港を離れた第18瀬戸丸は、いつものように港前で待機。定刻になると各船一斉にポイントへと向かう。俗に「剣崎ダッシュ」と呼ばれるスタートだが、全速で釣り場に向かう光景は迫力満点。

『東京湾ワラサ釣り』開幕 豪快な引きが病みつきに【神奈川・剣崎沖】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

船長の指示する仕掛けはハリス8号6m。水深30mまで下ろし、コマセをまきながら25mのタナで待つ。オマツリを避けるため、太ハリスで掛かったら一気にゴリ巻きが鉄則。引きをゆっくり味わいたいのもわかるが、乗船人数が多いときはワラサ1尾にビシ3個が絡むなんてこともあるので注意したい。

開始早々ヒット連打

期待を込めた第1投。さっそく右舷トモ2番にアタリ。続いてトモ、さらにミヨシ、ミヨシ2番と右舷側で4連発。左舷でも2人にアタって、いきなり6人同時ヒット。船長も「ダブルだよ、トリプルヒットだよ、またきた」と興奮気味。「タモが間に合わない、オマツリだ~」と船上はいきなりの大興奮。

『東京湾ワラサ釣り』開幕 豪快な引きが病みつきに【神奈川・剣崎沖】いきなり連発ヒット(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

最初に掛けた藤田さん(品川区)は、1尾目は無事タモ取りされたが、案の定オマツリで仕掛けはグチャグチャ。しかし、長年通うベテランは仕掛けの予備を多く持参していてすぐに交換。このあと、2尾、3尾と本領発揮。

ラッシュタイムを堪能

トモの昌良さん(横浜市)もマダイ釣りで通う常連。この日は息子の泰雅くん(小学5年)を連れての釣行。朝のラッシュタイムに数を稼ぎ、中盤からはアタリが遠のく厳しいなかでもしっかり追釣。合計6尾で竿頭になった。親子共同でのワラサゲットは、夏の思い出になるはず。

『東京湾ワラサ釣り』開幕 豪快な引きが病みつきに【神奈川・剣崎沖】6尾で竿頭に(提供:週刊つりニュース関東版 坂本康年)

次のページも好ヒット継続!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。