磯ヒラスズキゲームで70cm級頭に連発 スマガツオも顔出し【鹿児島】

磯ヒラスズキゲームで70cm級頭に連発 スマガツオも顔出し【鹿児島】

鹿児島県佐多岬へ青物狙いで釣行。渡った磯はウネリが高く危険だったので、水道でのヒラスズキ狙いに変更。サラシからヒラスズキが連発した釣行をリポートする。

鹿児島県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

佐多岬の磯で青物狙い

7月中旬、お世話になる船は「りさ丸」。民宿もしている渡船なので1泊2日の釣行にも利用できる。準備を済ませ乗船。最初に名前が呼ばれ、降りた磯は灯台が見える東側の広い磯。

磯ヒラスズキゲームで70cm級頭に連発 スマガツオも顔出し【鹿児島】佐多岬周辺広域略図(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

当日の青物タックル

まずはタックル準備する。青物用タックルはロッドがブルースナイパー106PSH、リールがソルティガ5000HG。そしてPEライン6号にリーダーはナイロン120lb、ルアーはダイビングペンシルを主軸にサイズは190~230を用意。

もうひとつのハガツオ、マダイ、ヒラスズキ用はロッドがエンカウンター106MH、リールがストラディック5000XG、PEライン1.2号にリーダー5~7号を用意し、ミノー各種とガンガンジグブレード40、自作タイラバ(ショア)を用意。

磯ヒラスズキゲームで70cm級頭に連発 スマガツオも顔出し【鹿児島】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

広角に探るもアタリなし

まずは青物を狙いたかったが、行きたい先端は南からのウネリで潮がガンガンかぶって危険と判断したため、水道となっている所でヒラスズキ狙い!

ルアーはショアラインシャイナー120(レッドヘッド)をチョイス。水道のど真ん中にキャストして引いてくるが反応なし。

今度は沖を探るためにガンガンジグブレード40gゴールドブレード(イワシ)に替えて大遠投!着底と同時にゆっくり引き、ひと通り扇状に探るが反応はない……。「根魚は?どこ?」。

高速リトリーブでスマガツオ

ならばと、今度は着底から高速リトリーブでアクションを入れながら探る。

「潮は効いてんだけどな~そろそろサラシ近くだな」サラシが近くなってきたため、高速リトリーブすると「ガンッ!」「ジーーーー!」「やっと食ったよ、カツオだな」ルアーに食ってきたと同時にこの瞬発力の速い引き方はカツオ特有。「まぁまぁあるかな」慎重に寄せて無事キャッチ!丸々と太ったスマカヅオ! 

磯ヒラスズキゲームで70cm級頭に連発 スマガツオも顔出し【鹿児島】丸々と肥えたマスガツオをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

「お~いいね~連発しないかな?」だが連発はしてくれず、反対側のサラシが出ている所にヒラスズキを求め行ってみることに。

次のページでヒラスズキが連発

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。