ジギングでブリ族&サワラ 「ジグの墓場」でヒットとは?【兵庫・魚英】

ジギングでブリ族&サワラ 「ジグの墓場」でヒットとは?【兵庫・魚英】

連休中、TVでオリンピック観戦ばかり。このままでは、体力が落ちてしまうとアスリートを見習い真夏の明石ジギングに。さて、金メダル級の魚はゲットなるか。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター田中耕二)

田中耕二

釣って楽しく食べて美味しい魚を狙って東奔西走。たまに釣れる珍しいゲストも嬉しい。磯とオフショアフィールドから面白くて役に立つ情報をお届けします!

×閉じる

ソルトルアー オフショア

魚英で青物ジギング

7月26日、午前4時に受付に行くと、ジギングサビキを付けるとアジが狙えるので、ないなら買っておくようにとのこと。へ~と思ったが、個人的にはブリの強引とサワラの食味を期待していたのでスルーして乗船。

出船すると朝一は大物を狙うから重いジグを付けて、リアフックは外しておくようにとアナウンス。どうやら小磯にいくようだ。明石海峡大橋を越えると潮波が立ち始め、目でも潮が速いのが分かる。私は、魚英2号艇の右舷大ドモからシルバーロング250gを投入。

ジギングでブリ族&サワラ 「ジグの墓場」でヒットとは?【兵庫・魚英】明石大橋に朝日が当たる(提供:TSURINEWSライター田中耕二)

ジグの墓場「小磯」

小磯は、強烈なカケアガリを速い海流に乗って攻める。一瞬の油断で根掛かりしてジグを失うことになるので、ジグの墓場とも呼ばれる明石きっての大物場。小磯に挑む時、ジグロストの恐怖心と大物と対峙できる期待感が入り混じったこの感覚が好きだ。

55mからスタートしてボトムを取り、ワンピッチジャークで様子を伺う。ジグが潮に乗りスライドしている感覚があるので、潮の流れとジグの重さ、動きがマッチしていると思える。釣れそうだ。

ファーストヒットはハマチ

水深がどんどん浅くなると左のアングラーが根掛かりブレイク。私は何度かボトムを取り直しながらジャーク&フォールで誘っていたが、やがて上げてとアナウンス。ファーストアタックはバイトなしと思い回収すると、ヒット!

中層でサワラでも食ったのかと思ったが、間違いなく青物の引き。ただ、狙いのサイズではない。船中ファーストバイトだったので、少し慎重ファイトしてネットに取ったのはハマチ。サイズは55cmほどだが、丸々としてパワフル、そして美味しそう。

ジギングでブリ族&サワラ 「ジグの墓場」でヒットとは?【兵庫・魚英】ファーストフィッシュはハマチ(提供:TSURINEWSライター田中耕二)

船中ハマチがポツポツ

気をよくして続きを狙ったが、ハンドルにPEが巻き付いてしまうトラブルがあって貴重な朝一のひと流しを無駄にした。予備の3ozロッドに220gのリアバランスジグを付けて狙ったがバイトなし。250gに変更した次の流しで同サイズのハマチをゲット。船中でもポツポツとハマチが上がる。比較的しっかりと動かしているアングラーがヒットしているように思えた。

250gのジグをしっかりと動かすためにトラブルにあった4ozロッドのシステムを組み直す。これでひと流しを無駄にするが、より効率的にアプローチするために必要な時間である。この時間を惜しみ、合ってないタックルのまま続けたり、不完全なノットで挑むことは本末転倒なのでしっかりとFGノットを組む。

次のページではメジロがヒット

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。