夫婦水入らずで過ごす「釣り休日」 2馬力ボートでマダイ手中【静岡】

夫婦水入らずで過ごす「釣り休日」 2馬力ボートでマダイ手中【静岡】

東京オリンピック2020開幕による4連休を利用して、7月23日(金)沼津我入道へ妻とボート釣りに行ってきた。マダイを筆頭に多彩な魚種が釣れたのでレポートしたい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

藤倉聡

主に東京湾、駿河湾(沼津近郊)で釣りをしています。釣りインストラクター東京(JOFI)と千葉(COFI)に所属。インド料理作りにも夢中です。

×閉じる

船釣り ボート釣り

「貸しボートみさお」でマダイ五目

我入道にある「貸しボートみさお」に電話で最近の釣況を確認すると「マダイやクロダイ、ヒラメ、カンパチ、イナダ、アジ、シロギスなどが釣れています」とおいしい魚の名が並ぶ。妻は「前回クロダイを釣り上げたので、今度はマダイを釣り上げたい」と意気込んでいるので、今回は我入道ボート釣りでの「マダイ五目」狙いで釣行する事に決定した。

当日の状況&作戦

当日は大潮で天気は晴れ。無風で海はベタナギ。真夏のとても暑い一日となった。

夫婦水入らずで過ごす「釣り休日」 2馬力ボートでマダイ手中【静岡】ボートから見えた富士山(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

2馬力ボートをレンタルしてまずはボートが集結している水深30~40m付近で釣りをして、アタリがないようなら深場へ移動。船外機付きボートならではの機動力を生かしたポイント移動で、積極的な釣りを心掛けた。

仕掛けは、プラビシを使用した片テン仕掛けで、マダイ中心の五目狙い。

夫婦水入らずで過ごす「釣り休日」 2馬力ボートでマダイ手中【静岡】当日のタックル(作図:TSURINEWSライター藤倉聡)

釣り方はハリスが6~8m仕様なので、仕掛けを一旦底まで落としたらハリス長の半分ほど巻き上げ、1回コマセを振り、タナでもう一振りしてアタリを待つ作戦にした。

付けエサもコマセともにオキアミを使用。「釣り具のタイシ」で4kg購入して、その内2kgは半解凍で予約した物を受け取った。

水深37mからスタート

現地には4時半ごろに到着。すでに数組の先着あり。「貸しボートみさお」で受付を済ませる。船外機き(2馬力)の扱い方の説明を受けて、ボートに荷物を積んで5時に出航。

前回レンタルしたエレキと比べてパワーがあり、より快適だ。

ボートが集結している付近の水深37mで妻のタックルをセットして第1投。がしかし、リールのイトの出が悪く仕掛けが沈んでいかない。古いリ-ルのため故障か?と思いスペアリールとチェンジする。

しかし、交換しても仕掛けは沈んでいかない。「これはマズいぞ……」と思いながら仕掛けを巻き上げると妙に軽い。オモリを付けるのを忘れていた……。

1投目のから好調

天秤に40号のオモリを付けて再スタート。続けて筆者も準備していると、早速妻が「アタリがきたかも」と言って巻き上げ開始。上がってきたのはタマガシラ。

夫婦水入らずで過ごす「釣り休日」 2馬力ボートでマダイ手中【静岡】妻の1匹目はタマガシラ(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

筆者も釣りを開始すると、自分も1投目からアタリがきた。ワクワクしながらリールを巻いて上がってきたのはマアジ。小型とはいえ二人揃って1投目から魚が釣れて一安心。

夫婦水入らずで過ごす「釣り休日」 2馬力ボートでマダイ手中【静岡】著者の1匹目はマアジ(提供:TSURINEWSライター藤倉聡)

魚を外して仕掛けを入れ直すと連続ヒット。今度は一荷(ダブル)だ。これでマアジ3匹となり「夕飯はキンキンに冷えたビールとマアジの唐揚げで一杯やるぞ」とほくそ笑む。

しかし、後が続かないのでポイントを移動することにした。

次のページでは深場で良型マダイ登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。