船ヒラメ釣行:見事竿頭!活きイワシで本命4尾【千葉県外房・隆生丸】

6月23日(土)、外房飯岡港の隆正丸へヒラメ釣りに行きました。この釣りは何度か経験がありますが、季節や場所によって釣れ方がまったく違うイメージがあります。今回はしっかり釣ることができるのかドキドキです。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

待望の1匹目は?

4時30分に出港。航程30分でポイントに到着して釣り開始。

タックルはヒラメ専用竿に小型電動リール、ミチイトは「10×10船プレミアムPE/VARIVAS」3号。仕掛けは同、船仕掛けヒラメです。オモリは80号。

水深は19m前後。エサの活イワシは孫バリから付け、親バリは鼻掛けにして投入。船長から「すべてのポイントに多少根があるので気をつけてください」とアナウンス。

しかし、根があるからといって浮かせていたらヒラメは釣れません。オモリが底にトントン着くようにして、竿先にゴロゴロっという感触があったときは一度ゆっくり持ち上げて根掛かりを回避。また、着底させるようにしました。

開始1時間ほどで船中1尾目が上がりました。

1番最初に釣り上げたのは稲村さん。

「私も早く釣りたい!」と、意気込みたっぷりで、活きのいい大きめのイワシを付けて投入します。

すると、着底した瞬間、竿が水面に向かってググッと沈みました。すかさず聞きアワせると乗りました。慎重に巻き上げると、海面に近づくにつれて引きが大きくなります。

サイズは46cmと少し小さめだけど、久しぶりのヒラメゲットです。

今回使った針とヒラメ!

「とっても嬉しい!」

次ページで2尾目登場!さらに…