夏場に釣具を車内放置してはダメ その理由と起こりうるトラブルとは?

夏場に釣具を車内放置してはダメ その理由と起こりうるトラブルとは?

釣具を車内に放置している方、多いのではないだろうか?道具の傷みという点から、車内放置はどうなのだろう。特に夏場、車内の温度は最大で60℃にも達するという。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

夏場の釣具の車内放置

結論から言うと、釣具の車内放置はよくない。当たり前のことだが、一回一回、家に持って帰った方がいい。

と、言いながら、筆者も実はいつでも釣りにいけるようにサブタックルを常に車のトランクに積んでいるのだが、ふと「これ、夏場はどうなんだろう?」と思って、今季からやめることにした。

車内放置には防犯面の意味から言っても、道具が傷む可能性からもよくない。また車内放置していると、こちらの気が緩んでいて、釣具の上に日用の買い物の荷物をドンと載せてしまうことがある。私は実際にそれでロッドを折ってしまったこともある。要注意。

ロッドは傷む?

サオに関しては、まったく問題ないという見方もあるようだ。昔のロッドは変形するという噂があったが、今のロッドはそこまでの危険はないと考えられる。ただ、たとえば海釣りで十年来使用していて潮で傷んでいるような年季の入ったロッドなら、どうなるかわからない。大事に使いたいなら、やはり車内放置はしないほうがいい。

こんなことをあえて言う必要もないのだろうが、筆者の経験上、実は安価なアジングロッドをここ2年くらい車内放置していたのだが、使用に関して問題はなかった。今のロッドは本当に丈夫なんだな、と思う。

リールはオイルが悪くなる

何より危ないといわれるのが、リールのオイルだ。スピニング、ベイト、共にオイル漏れの危険がある。夏場、60℃を超す車内でずっと放置しておくと、ベアリング周りのオイルが流出してしまう。

オイルを差し直せばいい、という考え方は甘いだろう。一度オイルが切れてしまうとベアリングも傷む。確実に巻きフィーリングやドラグの性能が落ちるので、リールは絶対に車内放置してはいけない。

夏場に釣具を車内放置してはダメ その理由と起こりうるトラブルとは?リールは確実に傷むので注意を(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページではワームについて紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。