潮干狩りとハゼ釣りの二刀流が楽しい 潮汐見極め一石二鳥【千葉】

潮干狩りとハゼ釣りの二刀流が楽しい 潮汐見極め一石二鳥【千葉】

江戸川河口での潮干狩りはそろそろ終盤戦。かわってデキハゼが成長してきました。今回はこの時期ピンポイントで可能な、ハゼ釣りと潮干狩りの「二刀流作戦」をレポートします。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

尾崎大祐

埼玉県在住。二児のパパで趣味はサラリーマン。釣りをはじめとした食材採取に全精力を注いでいます。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

江戸川放水路の立ち込みハゼ釣り

江戸川放水路でのハゼ釣りといえば、ボート釣りや桟橋釣りが有名ですが、もちろんそれらを利用せずにハゼ釣りを楽しむことも可能。この場合、基本的にウェーダーなどを着用しての立ち込みが主になります。

また、一部のポイントでは潮や時間帯に大きく左右されますが、テトラや足場のいい護岸からの釣りも可能。その時々にあわせて最適なポイントを選んでみるといいでしょう。

さらに6月後半~7月の大潮の日には、潮干狩りとの「二刀流」も魅力的。時間帯がピンポイントになってしまいますが、逆にうまくあわせることができれば、晩ご飯の食卓がとても賑やかになること間違いなしです。

潮干狩りとハゼ釣りの二刀流が楽しい 潮汐見極め一石二鳥【千葉】江戸川河口付近東側のテトラ帯(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

立ち込み釣りのタックル

立ち込み、護岸やテトラから双方とも、使用するサオは長めが効果的。のべザオなら3.6~4.5mはほしいところです。もちろんリールタックルでのちょい投げでもOKです。

サオ以外の仕掛けやエサについては、一般的なハゼ釣りのもので可。ウキ釣りやミャク釣り、イソメやホタテなど、自分のスタイルで持ち込んでみてください。

潮干狩りとハゼ釣りの二刀流が楽しい 潮汐見極め一石二鳥【千葉】今回はシモリウキ仕掛けを使った(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

立ち込みでのハゼ釣り方

釣り自体はボート釣りや桟橋釣りと比べてしまうとやや難易度が上がります。特にポイントは潮の状況によって刻々とかわっていくので、広範囲を探ることが必須となります。基本、潮が動いている時の方が活性高く、ヒネも出やすい(特に上げ)ので、できるだけそういう時間帯を狙ってみると良いでしょう。

潮干狩りとハゼ釣りの二刀流が楽しい 潮汐見極め一石二鳥【千葉】デキハゼも成長してきている(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

江戸川放水路での潮干狩り

江戸川放水路は砂地や泥地、牡蠣殻岩礁地帯など、変化にとんだポイントが点在していますが、2021年は牡蠣殻岩礁地帯でのアサリが好調。持ち込む道具は、できれば100均のものではなく、ホームセンター等で売っている頑丈な熊手を持ち込むようにし、足先を覆うサンダルやアクアシューズ、軍手も必ず着用するようにしましょう。

またアサリが好調ということで、それを追ってアカニシ貝も多くいる点も今期の大きな特徴。杭や牡蠣殻にくっついているので、見つけたらしっかり駆除?しましょう。ただし、同ポイントに大型のイシガニが隠れている可能性が高いので、注意が必要。素手は厳禁です。

潮干狩りとハゼ釣りの二刀流が楽しい 潮汐見極め一石二鳥【千葉】著者の定番潮干狩りセット(提供:TSURINEWSライター尾崎大祐)

次のページではハゼ釣りの模様をリポート

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。