SLJゲーム1投目で57cmマダイ 底周りではアカハタ好調【三重・南伊勢】

SLJゲーム1投目で57cmマダイ 底周りではアカハタ好調【三重・南伊勢】

夏にハイシーズンを迎えるSLJを楽しみに、三重県・南伊勢町の礫浦へ出かけた。イサギは不発に終わったが、マダイにアカハタがよく釣れた釣行をリポートしたい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

1投目でまさかの良型マダイ

7月4日午前5時半ごろにSLJゲームへ出船し、最初のポイントは水深5mほどの根周り。船長からはイサキ狙いとのアナウンスがあり、ウォブリン30gの赤金で中層狙いのただ巻きでスタートする。

水深が浅いためジグをキャストし、着底後3巻き程度するとリールがドラグ音を立てラインが2mほど出ていく。1投目だったのでびっくりしたが、アワセを入れてファイトスタート。

SLJゲーム1投目で57cmマダイ 底周りではアカハタ好調【三重・南伊勢】朝イチにいきなり良型マダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

ドラグを若干調整し、リールを巻いてくると徐々に魚体が見えてくると、ファーストヒットは、なんと57cmの良型マダイだ。

底物狙いでアカハタ登場

その後も中層狙いでジグをただ巻きするが、アタリはない。周りでは底物がヒットしているので、私も底物狙いに変更。ジグをタングステンの緑金50gに変更した。

SLJゲーム1投目で57cmマダイ 底周りではアカハタ好調【三重・南伊勢】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

狙い方は、着底後小さめのジャークで2~3回ほどワンピッチで誘い、再度底を取り直すことを繰り返す。すると早速アタリ。アワセを入れるとサオが大きくしなる。根に入られないようゴリ巻きで巻き上げてくると、狙い通りのアカハタだ。

ここからはアカハタが連続ヒット。しかも型も良く、船中では40cmを超えるものも釣れていた。私も35cmほどの良型をゲットできた。

タイラバでもアカハタヒット

その後も10時ごろまで根周り中心の釣りが続いたが、徐々に活性が低くなったため湾内と沖の境界のポイントに移動。私もジグでのアタリが少なくなったため、ここからはタイラバに変更した。

ヘッドはタングステンタイプの60gにタイラバサビキをセットし、いろんな魚を狙うことにした。最初はアタリがなかったが、辛抱強く狙っていくと待望のアタリ。巻き上げてくると、またもアカハタだ。この日はこいつの活性が高すぎる。

SLJゲーム1投目で57cmマダイ 底周りではアカハタ好調【三重・南伊勢】アカハタ高活性(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

その後もアカハタ数匹とカサゴを追加すると、徐々にエソの魚影が濃くなってきた。ここでポイントを沖に大きく移動。水深は50~60mだったのでヘッドを100gに変更し、巻き巻きすると早速サバをゲット。ここからはサバ狙いでジグに変更するが、その後はアタリなし。

次のページで五目達成の釣果発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。