ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】

河口域で手軽に楽しめるテナガエビとハゼは、夏休みのファミリーフィッシングにもってこいのターゲット。ここでは神奈川県下でテナガエビ&ハゼが釣れるポイントを紹介する。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

引地川

神奈川県の大和市から藤沢市を流れて相模湾に注ぐ引地川。住宅地が広がる河口域には、アクセスにやや不便を感じるものの、足場がよく、魚影の濃い好釣り場が点在している。

1.太平橋上流

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】釣り場の様子(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

太平橋から400mほど上流に位置する親水護岸もそのひとつ。きれいに整備されており、数十mに渡って足元にブロックが入っているため、テナガエビの格好のすみかとなっている。

ハイシーズンになればどこでも釣れるが、数を伸ばすコツは、潮位によって仕掛けの投入場所を変えること。

干潮時はブロックと岸壁の間の狭くて浅いスペースへ、満潮時はブロックの穴のなかを集中的に狙うと数釣りが楽しめる。水面まで少し距離がある釣り場なので、竿は1.5~2.4mの範囲で選ぶといいだろう。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】ブロックの穴は格好のポイント(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

2.八部公園横

隣接する八部公園に駐車場やトイレが完備されており、天気のいい週末は地元の家族連れでにぎわう人気ポイント。

釣り場はスロープになっており、満潮時は半分ほど水に浸かってしまうのが難点だが、ブロック周りを中心にテナガエビの魚影は濃い。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】釣り場はスロープになっている(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

ここは足元の釣りになるので、竿は短めがベター。思いのほか水流が強いので、オモリは重めにしたほうが釣りやすい。

ブロックと岸壁の隙間を狙うのが正攻法だが、根掛かりしやすいので要注意。仕掛けは多めに用意しておきたい。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】ブロック周りが狙い目(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

3.日の出橋

河口から約700mに位置する日の出橋横には、護岸に降りる階段があり、そこから足場のいい釣り座にアプローチすることができる。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】コンクリートで整備された護岸(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

スズキ狙いのルアーマンも多く訪れるポイントだが、これからの季節はハゼの魚影が濃く、秋口からは良型の数釣りを楽しむことが可能。

対岸近くは根掛かりが多発するので、中央よりも少し奥に仕掛けを投入し、アタリがでるまで少しずつ寄せてくるのが基本パターンだ。

食いが渋いときは、エサに工夫を。エサ取りも増えるが、本命の数も伸びることが多い。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】日の出橋の直下はとくに魚影が濃い(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)
▼この釣り場について
引地川

藤沢・境川河口

目の前に江の島を望む境川の河口は、汽水域で釣れる魚種が豊富なポイント。砂泥底になっているため投げ釣りに最適な場所で、シロギス、イシモチ、ハゼに加えてシタビラメやキビレなどが釣れる。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】江の島大橋に沿って続く護岸(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)

ハゼは片瀬橋周辺、少し上流の西浜橋周辺も釣りやすく、実績も高い。両方の橋の間を釣り歩いてみるのもいいだろう。

付近にはコンビニ、釣具店、トイレ、駐車場がそろっているうえに、駅からも近いので電車釣行にもオススメだ。

ハゼ&テナガエビの好釣り場紹介:横浜〜藤沢市【神奈川】西浜橋周辺も実績の高いポイント(提供:週刊つりニュース関東版 編集部)
▼この釣り場について
境川河口

次のページでは横浜・平潟湾を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。