大人気の夜焚きイカ釣り攻略!スッテの胴つき仕掛け【解説】

大人気の夜焚きイカ釣り攻略!スッテの胴つき仕掛け【解説】

大人気の夜焚きイカ釣り。だれもが簡単かつ手軽に高級食材であるヤリイカやケンサキイカを釣れることで人気。釣り方は胴突き仕掛けや、この数年はイカメタルがはやっている。今回は胴突き仕掛けを紹介する。

アバター画像 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

釣り方

【誘い方】

釣り方は電動リールのスロー巻き上げ。イカは上下広範囲にいるので仕掛けも広範囲に動かしていく方が見つけやすい。最初は底にオモリを着けたところから始める。また、置きザオにして船の揺れを利用して誘いをかけてもいい。その場合は、仕掛けは底近くで留めておく。たまにサオを大きくあおることで誘いにもなる。

アタリはサオ先が小刻みに上下運動するので一目瞭然。サオをしっかりあおってアワせてもいいし、電動リールでのスロー巻き上げの最中なら巻き上げスピードをアップするだけでもいい。

電動リールでもスロー巻き上げでは中層でのアタる場所を探すことに優れている。アタリがあった場所は覚えて、次回からはそのタナから探るようにすることで効率良く釣れる。

大人気の夜焚きイカ釣り攻略!スッテの胴つき仕掛け【解説】うまくいけばクーラーボックスにいっぱいなるかも?

【イカの取り込み】

イカの取り込みは抜き上げが基本。ハリにカエシが付いていないので、スッテの頭部を持ってクイっと手首を返すだけでハリからイカが外れる。

ハリやスッテにイカスミが付着しているとイカの乗りが悪くなるので、歯ブラシなどでこまめに汚れは落とす。

今がシーズンの夜焚きイカ釣り。うまくいけば高級なイカが何匹も釣れるかもしれないのもイカ釣りの魅力。是非チャレンジしてほしい。

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

 

 

この記事は『週刊つりニュース西部版』2018年6月22日号に掲載された記事を再編集したものになります。