大人気の夜焚きイカ釣り攻略!スッテの胴つき仕掛け【解説】

大人気の夜焚きイカ釣り。だれもが簡単かつ手軽に高級食材であるヤリイカやケンサキイカを釣れることで人気。釣り方は胴突き仕掛けや、この数年はイカメタルがはやっている。今回は胴突き仕掛けを紹介する。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

ソルトルアー エギング&イカメタル

イカメタルタックル

この時期に釣れるイカはヤリイカ、ケンサキイカ、スルメイカの3種。シーズン初期はイカも大きなサイズが釣れるところも魅力。

まずはタックル説明からから。

タックル図。

【サオ】

サオは船ザオ3m前後、オモリ負荷80号前後で調子は7対3クラスが使いやすい。電動リールは中型でミチイトはPE4~5号。サオは手持ち、置きザオどちらでもいいようにサオ受けを使用。船によってサオ受けが用意されているので、予約時に有無を確認しよう。

【リール】

電動リールを使用するため船にバッテリーや電動リール電源があるかの確認が必要。また、最新の電動リールを使用する場合は、船の電源では本来のパワーを発揮できないこともあるので、リチウム系バッテリーの持参がお勧め。

【仕掛け】

仕掛けは胴突き仕掛け。市販で浮きスッテがセットされているものが販売されている。

また、仕掛け(リーダー)のみ、浮きスッテ(4号)のみで販売されており、仕掛けは浮きスッテを5~8本セットできるものが各種ある。浮きスッテもいろいろなカラーが用意されている。色に迷ったら実績の高い赤頭白ボディーで全てそろえてもいい。また、赤頭緑ボディーやピンク頭白ボディーも交ぜて使用することで釣果アップを見込める。

スッテの一例。

シーズン初期はエサ巻きスッテが有効で、大型がヒットすることが多い。エサはキビナゴや鶏のササミ。

エサ巻きスッテの一例。

使用するオモリは60~100号。潮の速さや水深によって変わるので、予約時に確認を。

次のページでは【釣り方】を解説!