都心でシーズン序盤のハゼ釣り満喫 短時間で釣果は75匹【東京・佃堀】

都心でシーズン序盤のハゼ釣り満喫 短時間で釣果は75匹【東京・佃堀】

これから本格シーズンに突入するマハゼ。梅雨の晴れ間に都心でアクセス良好&足場もいい佃堀でのんびり釣りを楽しんできたので、その模様をリポートする。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

前島宣秀

年間釣行80日、北海道から沖縄まで食べたい魚は自分で釣り歩く、ダイワ大好き釣りバカオヤジです。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

佃堀のハゼ釣り場

佃堀は1mの高さの柵があり、子供連れのファミリー層もたくさん見かけるハゼ釣りの聖地。

6月の中旬の試し釣りの調子がよかったので、その翌週となるこの日は気合を入れて朝9時に到着、既に地元の方々で賑わっていた。中には本格的な江戸前竹ザオを使う上級者もいらっしゃり、和気あいあいと釣りを楽しんでいる。

都心でシーズン序盤のハゼ釣り満喫 短時間で釣果は75匹【東京・佃堀】ファミリーにも人気(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

ハゼ釣りタックル&仕掛け

当日は午後1時に干潮を迎える下潮、隅田川の支流といえども潮の満ち引きは大きい。筆者はのべザオ2.7mに自作シモリ仕掛けで釣行したが、2.7mではお昼近くになるともう少し長いサオが欲しくなるほどだ。

ハリはハゼがまだ小さいので袖の2.5号を、自動ハリス止めにハリス10cm程度になるようセットした。丸型オモリは0.5号を遊動式や固定式などを試してみた。

エサはホタテの貝柱を地元の方々は繊維にそって割き、少しアピールするように大きめに付けていたが、筆者は近くの晴海屋釣具店で行きがけに購入した青イソメを使用。エサはハリからタラシを5mm程度。このタラシ、活性が高いときにはなくても釣れるが、食いが渋ると特に有効。ただし、長すぎるとエサだけ持ってかれるので長すぎるのは禁物だ。

都心でシーズン序盤のハゼ釣り満喫 短時間で釣果は75匹【東京・佃堀】著者の使用する仕掛け(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

ハゼ釣りの誘い

シモリ仕掛けは、ハゼがくわえるとシモリウキが動き出す。アタリのこの一瞬がこの釣りをやめられなくする。

誘いをかけずにそのままアタリを待っている方も多いが、ハゼは目が上にあり、上から落ちてくるエサに敏感に反応する。このため、仕掛けを振り子のように投げ、振り子が戻る力を利用してポイントに30度くらいの入射角で入れてハゼにアピールする。その後5cm程度ずつ手前にさびくと釣果が上がる。

この時期のデキハゼはあまりこだわらなくても釣れるが、大きくなるとその釣果に大差が付くので覚えておこう。

釣り場でのコミュニケーション

「今日は青イソメの方がよかった」と言う地元の中島さんは、毎週通う常連さん。他にも常連さんは佃堀のハゼ釣りを熟知しているので、わからないことはお聞きするといい。下町人情溢れる優しい方々だ。

都心でシーズン序盤のハゼ釣り満喫 短時間で釣果は75匹【東京・佃堀】わからないことは常連に聞くのも手(提供:TSURINEWSライター前島宣秀)

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。