【2021東北】アカムツジギングのススメ 多彩なゲストも魅力のひとつ

【2021東北】アカムツジギングのススメ 多彩なゲストも魅力のひとつ

美味な高級魚として知名度の高いアカムツ。東北エリアでも人気のターゲットのひとつです。今回はジギングでのアカムツ狙いを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

堀籠賢志

フライフィッシング、バス、シーバス、鮎釣りなど様々な釣りを経験。現在はジギングとイカ釣りを広く楽しんでいます。東北地方の面白い釣りを紹介する事で震災復興に繋げたいという熱い気持ちで活動中。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

東北アカムツジギング

東北の青森、秋田、山形、福島で人気のオフショアジギングのアカムツ。一般的には中深海ジギングでの好ターゲットとされるアカムツですが、東北では水深200m以浅での釣りが成立しています。

【2021東北】アカムツジギングのススメ 多彩なゲストも魅力のひとつアカムツを狙ってみよう(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

近海のジギングに物足りなさを感じる様になったら、狙ってみたいアカムツジギング。今回は東北地方のアカムツジギングの概要を解説します。

アカムツを狙えるエリア

東北地方のアカムツを狙えるエリアは山形、秋田、青森の日本海側沿岸、福島県の太平洋岸沿岸が主なエリアとなっています。

山形沿岸部は県南部の鼠ヶ関沖から秋田県境までの広いエリアが広がっています。中心となるエリアは粟島周辺、飛島周辺の地形変化を狙う事が多いようです。特に広大なエリアが広がる酒田沖は比較的早くからアカムツジギングの開拓が行われて、今でも東北のアカムツジギングの中心的存在となっています。

秋田県沿岸はポイントは遠いが豊かな地形変化があり、アカムツポイントは豊富。ジギングとしての認知度は低いですが、アカムツのストック量は多いので、今後更に開拓が進めば有望。

現状では、男鹿半島周辺のポイントでのアカムツジギングが人気となっています。

青森県の日本海側沿岸は白神山地を抱える風合瀬、深浦海域のアカムツポイント、小泊から龍飛崎に繋がる地形変化がアカムツポイントとなっています。

福島県の太平洋沿岸南部は遠浅の地形ですが、こちらもアカムツの魚影は濃く有望なポイントが広がっています。

東北アカムツのシーズン

東北各地のアカムツジギングシーズンは大きく分ければ、春の乗っ込みシーズンと秋~冬の産卵後のシーズンに分けられます。

春から夏に掛けての産卵前は大型のアカムツも混じり有望なシーズンです。

産卵後は一時的に釣り難い時期を挟みますが、その後は産卵後の荒食いもあって、サイズはバラバラとなりますが数を狙うには良いシーズンとなります。

極端な言い方をすれば年中狙えるアカムツですが、実際には冬の季節風や遠浅地形で南からのウネリが入ると沖に出れない時期も多く釣行のタイミングが難しい事も有ります。

【2021東北】アカムツジギングのススメ 多彩なゲストも魅力のひとつこんな釣果も(提供:TSURINEWSライター堀籠賢志)

東北のアカムツは良型が多く、しかも狙う水深は150m前後と比較的浅い水深で釣りが成立しますので、近海の釣りの延長線上にあります。

極端なヘビーウェイトなジグを使わなくても、釣りができますので、中深海でのジギングの入門としては入り易いと思います。

次のページで多彩なゲストフィッシュを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。