大阪南港ライトゲーム近況 「小サバ」絶賛回遊中で小物釣りの好機

大阪南港ライトゲーム近況 「小サバ」絶賛回遊中で小物釣りの好機

6月、いろんな魚が動き出すタイミングだ。沖ではタチウオも始まっているだろう。ショアでもアタリが増えてくる。筆者のメインフィールドの大阪南港の近況をお伝えしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港ライトゲーム近況

LTタックルをメバリング用、アジング用と持ちかえ、2つの釣りをしている。この時期は主にはチヌ・キビレで、気配があればアジ。毎週2回釣行で、風がない日にアジをやる。

そうやって探っているわけだが、結論から言うと、この今はあまりよくない。どの釣り物もはっきりしない。近畿地方が空梅雨という要因もあるのだろうか?昨年はよく釣れていた、本命のチヌが反応してくれない。

何よりも海を支配しているのが、サバ。それも一番厄介な小サバだ。10cm程度で、アジングのハリではほとんど掛からない。その中に時折はっきりとしたアタリを出すアジがいるのだが、何よりサバが触りまくってきて、かけられないじゃれつくアタリにフラストレーションが溜まり、アジングに集中しづらい。サバも大きければいいのだが、小さいのだからどーしようもない。

大阪南港ライトゲーム近況 「小サバ」絶賛回遊中で小物釣りの好機10cmの小サバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

微数のアジの釣り方

幸いなことに今年は春から大阪湾近郊はアジに恵まれている。おそらく産卵アフターのパターンも終わり、今はよくわからないが居着きのアジがちょこちょこ。釣ったらサイズはまあまあいい。小サバ相手のドラグ設定で、キビレかとも思うような引きをしたので、びっくりした。

大阪南港ライトゲーム近況 「小サバ」絶賛回遊中で小物釣りの好機25cm級アジがちらほら(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジは基本に忠実、前左右の3方向、表層中層ボトム上と3つのレンジ。あまり密度が濃いとはいえず、時合いの高活性もほぼないが、焦れずに釣っていると短時間で連発することもある。

小サバはどうする?

さて、困らせてくれる小サバだ。20cm級になれば独特の面白い横走りをしてくれるサバだが、10cm程度はただただ釣りにくいだけのもの。豆アジングのヘッドを試してみたが通用しなかった。おそらくアジとはそもそも食い方が違うのだろう。小サバはなんというか仲間でひとつのエサを囲って突っつきにくるような印象がある。

しかも一丁前なことに、1匹釣るとスレる。もっともっとショートバイトになる。アワせても乗せても軽すぎて外れる。そこで先日は、ハリの数が多いメタルを投げて、アタリに即アワセするとうまく掛けられた。ほぼ引っ掛け釣り。

大阪南港ライトゲーム近況 「小サバ」絶賛回遊中で小物釣りの好機メタルジグで掛けた小サバ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

不安だ。小サバってこんなに難しかったっけ? だったら豆アジはどうなるんだろう。しかしおそらく、これは私がアジング縛りしているからで、サビキなどを使えばカンタンに釣れてしまうのだろう。小物エサ釣り師の人には、今がいいですよと伝えたい。

次のページではライトブリームの近況を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。