今さら聞けないジグヘッドのキホン:実は色々あるフックの形状やカラー

今さら聞けないジグヘッドのキホン:実は色々あるフックの形状やカラー

アジング、メバリングでは最優先的にジグ単の釣りでいく。まさしくジグヘッドが主役である。ナマリとハリの組み合わせの世界についてもっと詳しく、深い知識を身につけよう。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ハリのカラー

ジグヘッドのハリのカラーは基本的にシルバーか黒だろう。無用に魚を刺激しないような色だ。ただ中には、金色のものがある。魚の活性が比較的高いときに、フラッシング(きらめき)効果で食いをよくするといわれる。

ただ、金色のハリは錆びやすい短所も。もちろん、サビが目立ちにくいだけでシルバーや黒のハリも錆びるので、ソルトでの使用後は水洗いが必要だ。

ナマリとのマッチングも重要

以上、ジグ単ハリの細かい部分について解説した。

とはいえ、ジグヘッドはハリとナマリ部分のW主役だ。別の機会に、ナマリ部分の形状や工夫についても紹介したい。

<井上海生/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。