釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適

釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適

イガめんちは、残り物のイカゲソを無駄なく活用する「食品ロス」削減レシピ。今回は、近年郷土食として見直されているというこのイガめんちのレシピを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

宮崎逝之介

メインフィールドはオフショア。魚を求めて各地の海に足を運んでます。 ブログ『信州海釣り班 tsuritabel』管理人。ぜひブログ・インスタものぞいてみてください。

×閉じる

その他 レシピ

イガめんちの材料(4人前)

・ムギイカ 4~5杯
・たまねぎ 1/2個
・ニンジン 長さ5cm位
・長ネギ  10cm位
・しょうが 1片
・卵
・塩 少々
・白こしょう 少々
・しょう油 少々
・ごま油 少々
・小麦粉 適量(衣の状態を見ながら調整)

イガめんち調理手順

1、ムギイカは皮付のまま胴体、エンペラ、ゲソをそれぞれ半量ずつに分ける。

2、1で分けたムギイカの半量を包丁でみじん切りにし、さらに包丁で細かくたたく。ただし粒々の食感を残すために細かくしすぎないように注意する。

3、1で分けたもう半量のムギイカはフードプロセッサですり身にする。

4、たまねぎ、ニンジン、長ねぎ、しょうがなど野菜をすべてみじん切りにする。

釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適野菜をみじん切りに(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

5、大きめのボウルに小麦粉以外の材料と調味料と材料をすべてまぜて味見をし、再度塩・こしょう・しょう油で好みの味に調整する。

釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適イカと野菜を混ぜて味を調える(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

6、ボウルに少しずつ小麦粉を加え揚げるときにまとまりやすい状態の粘度にする。

7、揚げ油を180度に熱し、ボウルのタネを食べやすい大きさに分けて投入。4分程度揚げる。両面きれいな褐色になったらイガめんちの完成です。
Point:高温で揚げることで水分が飛び、身がまとまりやすくなります。

釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適180度の油で揚げる(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

七味マヨネーズやわさび醤油などをつけてお召し上がりください。

釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適完成したイガめんち(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

イガめんちは、イカの身の粒の弾力を感じるくらいのほうが美味ですので、ミンチ状にしすぎないようにするのがコツです。冷めてもおいしいので数日間冷蔵保存もできますし、お弁当にも向いてますよ。

釣り人的「食品ロス」削減レシピ:津軽のイガめんち お弁当にも好適お弁当にも向く(提供:TSURINEWSライター宮崎逝之介)

ぜひ一度おためしください。

<宮崎逝之介/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。