ゴロタでのムラソイゲーム奥深し サラシ狙いがアタリ【静岡・南伊豆】

ゴロタでのムラソイゲーム奥深し サラシ狙いがアタリ【静岡・南伊豆】

6月12日、静岡南伊豆の伊浜ゴロタで、ムラソイのルアーフィッシングを楽しんだ。深い溝では反応がなかったが、サラシを狙って本命をゲットできたので、その模様を紹介したい。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

伊浜ゴロタでムラソイ狙い

釣友は朝から釣りを始めていて、私が到着したのは11時すぎ。駐車スペースで合流すると、すでに片付け?をしている様子。

久しぶりの再会なのであいさつを済ませ、状況を聞く。すると、「早朝から左側を3往復、右側を2往復したものの、何も釣れなかった」とのこと。

潮回りは大潮あとの中潮で、潮位はそろそろ干潮になる。まだ潮は動いている感じだったので、とりあえず準備して向かう。釣友は「野地さんがやるならもう少し…」と、2人でゴロタに降りることにした。

ゴロタでのムラソイゲーム奥深し サラシ狙いがアタリ【静岡・南伊豆】伊浜港周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

水深ある隙間では反応なし

高い位置から釣り場を見渡し、釣りやすそうな石の露出をチェック。左側の30mくらいまでが、ちょうどよさそうな印象だった。

いつものように、カサゴ職人のグラブをジグヘッドにセットして、なるべく水深のありそうで狭い隙間を探り歩く。しかし、釣友の言葉の通り、ムラソイの反応はまったくない。

海は静かで、水深のありそうな石の周りには小さなサラシすらない。静かすぎて、魚が出てこないのだろうと考えてみた。

ゴロタでのムラソイゲーム奥深し サラシ狙いがアタリ【静岡・南伊豆】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

超浅場のサラシ攻め本命

そこで、もう少し左側へ移動、水深10cmほどの平坦で小さめの石が点在する範囲を攻めてみることにする。波足がわずかなサラシを作り出し、いい感じで水面下を隠してくれる。

この寄せ波を利用して、サラシのなかにジグヘッドリグを紛れ込ませるようにコントロール。この釣り方のコツは、石の沖側から張らず緩めずで送り込んでやることだ。

すると予想が当たり、送り込んでいる途中のサラシに、ロッドティップがグイっと引き込まれた。石の下に潜り込まれないよう、腕を突き出すようにして一気に引きずり出す。

サイズは15cmほどだが、狙い通りの攻略でムラソイをキャッチすることができた。釣友にも釣り方を説明して、さらに追釣を狙って続ける。この釣り方が正解だったようで、立て続けに15~20cmを釣り上げることができた。

ゴロタでのムラソイゲーム奥深し サラシ狙いがアタリ【静岡・南伊豆】サラシのなかを狙った(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

最終釣果

サラシのない場所では無反応で、白泡の出たときにのみヒットしてくれた。手軽なムラソイの穴釣りではあるが、人より釣果を上げようと思うと奥深さを感じる釣行であった。

30分ほどの実釣で6尾キャッチして終了。よさそうな釣り場を釣友へ譲り、チャレンジしてもらうことにして帰途についた。

ゴロタでのムラソイゲーム奥深し サラシ狙いがアタリ【静岡・南伊豆】ワームをガブリ(提供:週刊つりニュース関東版 野地文雄)

<週刊つりニュース関東版 野地文雄/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
伊浜漁港
この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年6月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。