陸っぱりアナゴ釣り攻略!1cmの超ショートハリスがオススメ【解説】

そろそろ暑さも厳しくなる季節。そんなときにオススメなのが、夕涼みも兼ねてのアナゴ釣りだ。ハリをのまれる、仕掛けをグチャグチャにされるなどマイナスイメージを持つ人も多いが、それらは少しの工夫で対処できる。アナゴの旬はまさに今。初心者でも手軽に楽しめ、食べてもおいしいとなれば狙わない手はない。今回はそんなアナゴ釣りのちょっとしたコツと、おいしい食べ方を紹介していきたい。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

アナゴ釣りの概要

アナゴにも多くの種類があるが、一般的に釣りの対象となるのはマアナゴだ。
中部圏であれば、伊勢湾や三河湾を中心に広い範囲で狙うことができる。

【時間帯】

その名の通り昼間は海底の穴に潜り、夜になるとエサを求めて行動を開始する。そのため釣りの時間は日没前後から。

時合いのハッキリしている魚なので、釣れるときはアタリが連発し、時合いが終わると急に沈黙してしまう。

時合いは一般的に日没から2時間程度とされるが、日没直後は特に食いが立つ。
だが、深夜に連発したり潮にも影響されたりと、一筋縄ではいかないことも多い。

【狙うポイント】

アフターファイブに手軽に楽しめる。

狙うポイントは、底質が砂泥地であることが第一条件。

ここにアナゴの移動ルートとなる壁やカケアガリなどが絡む場所を選びたい。

港湾部の岸壁であれば、足元の壁際は間違いなく鉄板ポイント。

岸壁近くにはカケアガリが存在していることが多いので、併せてチョイ投げでも探りたい。

また、砂浜に突き出した突堤なども魅力的なポイントのひとつ。
地形変化という要素はもちろんのこと、浜からの釣りと違って遠投の必要がないので手軽に楽しめる。

ゲストにカサゴなどの根魚が交じる場合は、周りに根がある可能性が高い。

根と砂泥地の境目もまた、実績の高いポイントのひとつだ。

ただし、根掛かりが頻発するような場合は、手返しが悪くなるので避けた方が無難だろう。

タックル

次はタックルだが、サオはルアーロッドから投げザオ、船ザオ、イカダザオ、果てはセット物の安価なサオまで多彩なものが流用可能だ。

参考タックル図。

魚のいる場所に仕掛けを届けることと、アタリを取ること。
この2点さえクリアできれば大丈夫。

足元で連発することもあれば、チョイ投げにアタリが集中することもあるので、できれば複数のサオを使ってその日のパターンを見極めたい。

ミチイトはナイロンでもPEラインでも問題ない。
但し、PEラインはアナゴに巻きつかれるとほどくのが大変なので、先端にナイロンやフロロカーボンラインの4~5号をリーダーとしてセットしておくこと。

仕掛け

仕掛けは中通しやテンビン仕掛けが一般的だが、いずれも基本はシンプルな1本バリだ。

市販のアナゴ仕掛けは、ハリスにチューブやビーズを通して絡み対策を図っているものも多い。
だが、ハリスの長さで食いに差が出るケースは極めてまれなので、私の対策は1cmの超ショートハリス。

ショートハリスには、ローリング対策のためのヨリモドシを。

これなら魚体を1周できないので、絶対に巻きつくことはない。
ただし、テンビンの場合はアナゴのローリング対策のためヨリモドシが必須となる。

結束の簡単なハリス止めが便利だ。

また、足元を狙う場合には、市販のブラクリ仕掛けも使いやすい。
置きザオで狙ってもいいし、海底を小突きながら探り歩くのも効果的だ。

とはいえ、アナゴは意外にもエサ取り上手。
気がついたらエサがない、というケースは意外にも多い。

そんなときには2本バリも有効だが、絶対に避けたいのが投げ釣り仕掛けや胴つき仕掛けなどの枝バリ式のもの。
これらは高確率でミキイトに絡みつき、トラブルの原因となる。

2本バリを使う場合は両テンビンや片テンビン+オモリの下にハリを1本など、それ相応の工夫をしたい。

2本バリ仕掛けは少し工夫して。

オモリの重さは水深にもよるが、おおむね5~15号程度で十分。

ハリスは2~3号前後、やや太めのものが安心だ。
ハリは丸セイゴやチンタメバル、流線などの10号前後を、使用するエサに応じて使い分ける。

頻繁にハリをのまれる場合には、ネムリバリも効果的だ。

あると便利な7つ道具。