20年間現役の『レトロ釣具』メンテナンス法 長期間使用する意味とは?

20年間現役の『レトロ釣具』メンテナンス法 長期間使用する意味とは?

最新アイテムに釣具メーカーの努力を感じることはもちろんだが、20年間使い続けられている釣具にこそ作り手のプライドを感じる。そんな筆者が、レトロ釣具のメンテナンス法を紹介。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター金丸英治)

金丸英治

潮の香り、海鳥の鳴き声が一番のBGM。三浦、伊豆半島をメインにしてる初老の磯釣り師です。皆さん、もし暇があれば、私の餌文を食べ見して下さい。

×閉じる

その他 お役立ち

レトロ釣具のよさ

現代、物(生活用品)は溢れ、100均でほとんどの物が揃う時代。そのためか物は使い捨て傾向が強いように感じる今日このごろです。「物を大事にしなさい」との言葉が飛び交っていた時代は過ぎ、使い捨ての時代なのかもしれません。

でも、ごみ増加=地球温暖化になります。釣りも同様で、一人一人が、道具一つ一つを大事に使用することで、少しでも温暖化のスピードを落とす力になります。

過去に憧れたレトロ釣具

話はかわりますが、20、30年前の車、バイク、自転車などが走行しているのを見かけ、それが、昔所有していたり欲しかったりした物だったら、思わず、オッ!って声が出てしまいます。この感覚わかる方もきっと多いのでは?釣り場で、隣の人が昔欲しかったレトロ釣具のリール、サオで魚をバンバン釣り上げていたら、筆者は間違いなく声をかけてしまいます。

筆者のレトロ釣具紹介

私は20年、30年前のレトロ釣具を多く所有してます。そのコレクションの一部を紹介します。

スーパーインテッサ1.75ー53

20年間現役の『レトロ釣具』メンテナンス法 長期間使用する意味とは?スーパーインテッサ(提供:TSURINEWSライター金丸英治)

当時がま磯最高のサオがほしかった。

BBXテクニウム5000

20年間現役の『レトロ釣具』メンテナンス法 長期間使用する意味とは?BBXテクニウム(提供:TSURINEWSライター金丸英治)

サオ同様メーカー最高のリールが欲しかった。ちなみに時計も同年代。ダイワのトーナメントと凄く悩んだ(笑)。

VIP磯1号

20年間現役の『レトロ釣具』メンテナンス法 長期間使用する意味とは?VIP磯(提供:TSURINEWSライター金丸英治)

ダイワ最高の磯ザオ。がま磯との違いを知りたかった。が、今でも答えは出てません(笑)。

次のページではメンテナンスについて紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。