釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:アブラハヤ 二度揚げで丸ごとパクリ

釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:アブラハヤ 二度揚げで丸ごとパクリ

渓流釣りのゲストフィッシュ・アブラハヤ。たくさん釣れたので食べてみようと持ち帰った。頭から丸ごといける唐揚げを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

TSURINEWS編集部

その他 レシピ

渓流釣りのゲスト・アブラハヤ

渓流釣りは本番に入り、新緑がまぶしい季節となった。

渓流釣りのメインはアマゴ、イワナ、ニジマスだが、エサをチョコチョコつつきにやってくるのがゲストフィッシュのアブラハヤだ。たくさん釣れたので食べてみようと持ち帰った。

釣りのゲスト魚を美味しく食べよう:アブラハヤ 二度揚げで丸ごとパクリアブラハヤを食べてみた(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩)

アブラハヤの唐揚げ

初めて試食するときは無難に唐揚げにしよう。

下処理

下処理は、包丁で軽くウロコとヌメリを取り、頭はそのまま、腹を切って内臓とエラを取り出す。

手順

きれいに水洗いして水気をキッチンペーパーで拭き取ってから、唐揚げ粉をまぶして170度の油でカラリと揚げれば出来上がり。

ワカサギなどに比べると骨が少し硬いので、気になる人は冷ましてから二度揚げすれば頭も骨も丸ごとパクリと食べられるはずだ。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤拓摩/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年6月11日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。