沖磯フカセ釣りで快釣 62cmマダイに良型チヌ合計19匹【兵庫】

沖磯フカセ釣りで快釣 62cmマダイに良型チヌ合計19匹【兵庫】

釣友であるI氏からのお誘いで、家島へマダイ&チヌ狙いで釣行しました。狙い通り両魚種をキャッチすることができたので、当日の模様をレポートします。

兵庫県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター野間洋)

野間洋

神戸市在住。2014年G杯グレ、2016年G杯チヌ全国大会出場。マルキューフィールドスタッフ、アトミックスライダーフィールドスタッフ。

×閉じる

海釣り 磯釣り

那波渡船で真珠の森へ

今回お世話になったのは那波渡船さん。5月22日、4時の受付時間ピッタリに店舗へ到着。乗船名簿と渡船料金を支払った後、店舗から車で約5分の船着場へ向かいました。出船前には30人弱が集まり、ちょっとした大会のようなムードのなか5時に出船しました。

事前に予約していたと思われる常連さん数組を磯やゴロタ石などへ下したあと、船長から我々の名前が告げられました。船の舳先は何とも良さげな沖側の独立磯へ向かっています。 上がった磯は”真珠の森”。なんとも神秘的なネーミングです。お互い初めての磯でありワクワクしながら準備に取り掛かりました。

当日の状況

西風を背に二人が釣り座を構えられる足場があり、かつ潮も東へ流れる状況。I氏はやや足場のいい船着きへ、私は少々足場が悪い左側へ釣り座を構えました。 風も潮も背中からという状況であり、さほど風も気にならないように思われたので、まずは軽い仕掛けをセレクトしてみました。

沖磯フカセ釣りで快釣 62cmマダイに良型チヌ合計19匹【兵庫】当日の釣り座(提供:TSURINEWSライター野間洋)

当日のタックル&エサ

サオはがま磯マスターモデル口太F-50にリールは2500LBD、ミチイトはアトミックスライダー磯2号クリアブルー、ハリスはウルトラフレキシブル磯1.7号にハリは掛かりすぎチヌ4号をセレクト。ウキはいつもの定番であるエイジアLCの0号でスタート。今回は大型マダイの可能性もあるとのことで、強めのタックルで挑みました。

エサは生オキアミ6kgに配合エサはイワシパワーグレスペシャルと爆寄せグレを各1袋。さしエサはくわせオキアミV9(L)、くわせオキアミ食い込みイエロー(L)、生オキアミの3種。

沖磯フカセ釣りで快釣 62cmマダイに良型チヌ合計19匹【兵庫】私のタックル(提供:TSURINEWSライター野間洋)

1匹目の獲物はハリ外れ

6時ごろ、逆光により海中の様子が目視できないため、まずはセオリー通り手前から仕掛けを流します。エサ取りのベラとカサゴがポツポツとさしエサにアタってきました。

足元にまきエサを入れ、徐々に距離を遠くし流れに乗せていると、アタリが出ます。アワセを入れると明らかにエサ取りとは違った重量感が腕に伝わってきます。1匹目ということもあり慎重にやり取りを行っていると、急にウキが空へ飛び上がり、痛恨の ハリ外れ……。

待望の本命40cm登場

気合を入れ直し同じパターンで攻めていると、その時はやってきました。 開始後1時間が経過した7時ごろ、先ほどとは違う潮筋を流していると、スプールからミチイトが引き出される強いアタリがあり、即座にアワセを入れます。やり取りの末ようやく当日1匹目40cmほどのチヌがタモに収まり、とりあえずホッとしました。

沖磯フカセ釣りで快釣 62cmマダイに良型チヌ合計19匹【兵庫】1匹目のチヌ40cm(提供:TSURINEWSライター野間洋)

その後もチヌに交じってマダイのアタリもコンスタントに続き、午前中だけでチヌ5匹、マダイ2匹の釣果。I氏には62cmのビッグサイズのマダイもヒットし、終わってみるとチヌとマダイ合わせて19匹のハッピーな釣果でした。

沖磯フカセ釣りで快釣 62cmマダイに良型チヌ合計19匹【兵庫】釣友が釣ったマダイは62cm(提供:TSURINEWSライター野間洋)

次のページで成功のポイントを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。