今さら聞けない沖釣りのキホン:船上での釣魚下処理に便利な道具5選

今さら聞けない沖釣りのキホン:船上での釣魚下処理に便利な道具5選

船釣りで釣った魚もちろん新鮮ですが正しく処理を行わないとおいしさも半減。「脳締め」、「血抜き」に続き、今回は下処理に使う道具について紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター西澤俊彦)

西澤俊彦

釣りって楽しいですよね、その時釣れる魚を狙ってその経験を皆様にお伝えしていきます!

×閉じる

その他 お役立ち

フィッシュピックによる脳締め

フィッシュピックによる脳締めのメリットは、船上は結構揺れるためナイフより怪我するリスクが格段に低くなりました。また、脳の位置を間違って刺したとしても開く穴が小さいため見た目が損なわれることもないです。ナイフの脳締め時のように、必ず魚に大きな穴が開いてしまうこともなくなりました。

今さら聞けない沖釣りのキホン:初心者でも簡単にできる魚の『脳締め』

今さら聞けない沖釣りのキホン:船上での釣魚下処理に便利な道具5選脳締めに使うピック(提供:TSURINEWSライター西澤俊彦)

ハサミによる血抜き

ハサミによるエラ切りのメリットは、エラ切りが必要な箇所だけチョキンと切ることができます。ナイフだとどうしても切るためにナイフを引く動作が入るため、必要以上に切れることも多々ありました。

また、エラ切り以外にも、小型青物の頭を落としたり、エサにするエビの尻尾を切ったり、ナイロンイトを切るなど利用用途が多いです。

今さら聞けない沖釣りのキホン:船上で実施可能な簡単『血抜き』術

今さら聞けない沖釣りのキホン:船上での釣魚下処理に便利な道具5選エラ切りはハサミで(提供:TSURINEWSライター西澤俊彦)

船上での最短処理

魚をおいしく持って帰るために、船上でいかに簡単で効率よく処理するかを模索した結果、フィッシュピックでの脳締め、ハサミでのエラ切りによる血抜きを行うようになりました。皆様もぜひお試しください、おいしく魚を食べましょう!

<西澤俊彦/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。