沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】

沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】

北九州市戸畑港の海政丸で、タイラバ&ジギング、イカメタルに挑戦した。大型のバラシもあったが、マダイにアオナとお土産いっぱいとなった釣行をお届けする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

海政丸でルアー釣り

5月10日、北九州市戸畑から海政丸に乗り込み、タイラバ&ジギング、イカメタルに挑戦した。

当日はTEAM雑魚の原田さん、ほか3人で、午前6時に出港。約1時間30分で角島沖(山口県下関市)周辺に到着した。

水深は約80m。中潮で9時ごろが満潮なので、パラシュートを入れて、イカメタルで開始。すぐに良型のケンサキイカがロッドを曲げるが、4月の昼イカの勢いはなく、釣れても単発。

そこで私は早々にタイラバに変更。ホワイトゴールド系の80gのヘッドに、ゴールド色カーリー形状のネクタイをセットして攻めてみた。

沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】タックル例(作図:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

タイラバでマダイ&アオナ40cm

水温はかなり上がってきていると思うが、シケ後でデカいのが食ってくる気配に、ワクワクしながら落としていく。

1投目からロッドを押さえ込むアタリでマダイ40cmが釣れ、活性は良さそうなのだが、その後が続かない。仕掛けをいろいろ替えて、ようやくアオナ40cmをゲット。

沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】筆者にアオナ40cm(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

同船者に大ダイ70cm

船上ではほかの人もタイラバに変更し、原田さんは小型ジグでスーパーライトジギングにチャレンジしている。

9時ごろ下げ潮が入り、ぽつぽつとアラカブや小ダイなど釣れだした。そして原田さんに大アタリがあり、ラインが何度も引きだされている。

私にも30回ほど巻いたところでいきなりアタり、ラインが勢いよく出ていく。かなりデカいと確信し、気合いが入る。

そうこうしていたら原田さんにマダイが上がってきて、70cmを超える大ダイだ。

沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】大ダイ70cm超(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

お土産たくさん

私も慎重にやり取りするが、残り20mのところで最後の抵抗をされ、反転した時にロッドが軽くなり、惜しくもラインブレイクとなってしまった。姿だけは確認したかったが。

またまた原田さんにアタリで、同サイズのマダイを取り込んだ。

それからは良型のアオナ、ホウボウ、レンコダイなど、お土産もたくさんヒットして船上は盛り上がった。

祝大漁 祈安全

沖のルアー釣り満喫 タイラバ・ジギング・イカメタル【福岡・海政丸】同船者も良型のマダイを手中に(提供:週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦)

<週刊つりニュース西部版APC・山﨑和彦/TSURINEWS編>

▼この釣り船について
海政丸
出船場所:戸畑港
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年6月4日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。