沖のルアーフィッシング満喫 イカもマダイも良型続々【山口・長門】

沖のルアーフィッシング満喫 イカもマダイも良型続々【山口・長門】

山口県長門市油谷・久津漁港の入江丸で釣行した。タイラバメインだったが、昼イカ釣りにジギングも楽しみ、それぞれで好釣果が出たのでリポートしたい。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

入江丸でタイラバ釣行

5月14日、山口県長門市油谷・久津漁港の入江丸にお世話になり、タイラバへ行ってきた。午前7時に6人で出船し、約40分でポイント到着。昼ごろから本命の潮が動きだすとのことで、それまでは昼イカを狙うことになった。

水深は90m、各々40~50号のオモリを装着し、浮きスッテ2~3個を使った胴突き仕掛けを投入、ベタ底で誘う。私はオモリの代わりに180gのインチクを使用。あわよくば根魚も!という欲張り釣法。

まずは昼イカ釣り

しばらくして船首で釣りをしていた岩田さんにヒット。胴長25cmほどの良型ケンサキイカが上がってきた。

これを皮切りに船中でぽつぽつ上がり始め、私も30cmクラスをゲット!夜焚きイカとは違い、イカが浮いてくることはほとんどないので、群れに遭遇しないとアタリすらない。

再び静かな時間がすぎたが、次の群れは高活性だったのか岩田さんと隣の中島さんが同時にヒット!私の隣で釣りをしていた山下さんにはダブルで釣れた。

沖のルアーフィッシング満喫 イカもマダイも良型続々【山口・長門】ダブルで釣れた(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

ケンサキイカは2ケタ

その後も良型中心に釣果が上がり、私もインチクで小型のアラカブやアオナといったゲストも釣り上げ、ケンサキイカは2ケタ安打達成。

皆さんも5~20尾となかなか満足な釣果を得たこともあり、11時ごろにマダイの本命ポイントに移動。

沖のルアーフィッシング満喫 イカもマダイも良型続々【山口・長門】ケンサキイカの釣果(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

タイラバは多彩な魚種がヒット

15分ほど移動したポイントで、今度はタイラバをスタート。水深は同じく90m。

定番のオレンジゴールドのヘッドにオレンジネクタイのタイラバで攻めると、15m近く巻き続けてフッキングしたのは25cmくらいのレンコ。

その後も同サイズのレンコやアラカブ、イトヨリなど外道が船中でぽつぽつ上がる。

本命マダイ40&60cm手中

底から20mほど巻き上げ、そろそろ落とし直そうかと思っていたところで反応。しばらくかじった後に引ったくるように反転したので、すかさずアワセを入れると重量感あるパワフルな引き。ドラグ調整に気を付けながらランディングしたのは40cmくらいのきれいなマダイ。

底まで落とすと外道の餌食になりそうなので、底から5m手前くらいで止めて巻き上げ開始。少し速めに巻くと、これが功を奏したのか再び70mラインでアタりフッキング。

先ほどより重量感・パワーともに強く、良型だと確信して慎重に巻き上げると60cmクラスの良型マダイが上がった。

イカ狙いに変更しパラソル級

しばらくすると本命からのアタリが遠のき、船中でもぽつぽつとイトヨリやアオナなどが上がる程度。個人的には本命もゲットしたので、再びイカ狙いでイカメタル仕掛けを投入。ベタ底からデッドスローで5m巻き上げ軽くシェイク。

再び同じ動作で底から10m程度を中心に誘った数回目、落とそうとした仕掛けが止まった。すかさずアワせるとなかなかの重量感。

身切れを起こさないように慎重に巻き上げると、当日最大となる胴長35cmのパラソル級ケンサキイカが上がった。

沖のルアーフィッシング満喫 イカもマダイも良型続々【山口・長門】パラソル級のケンサキイカ(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

再びマダイの反応

気を良くして続けていると、隣の山下さんのタイラバに反応。サオを大きくしならせ、巻こうとするリールからドラグを出る。マダイ独特の首を振って抵抗する様子がないので、「ブリが掛かったんだろう」と一同見守っていたが、予想に反して浮いてきたのは当日最大80cmのマダイ。

沖のルアーフィッシング満喫 イカもマダイも良型続々【山口・長門】良型マダイがヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・藤井貴之)

続けて中島さんにも50cmクラスがヒットしたので、私もイカ狙いから再びタイラバへ。

次のページではタイジギングの模様と最終釣果を発表

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。