清流はオイカワ釣り日和 二本毛バリ『テンカラ』で好釣【埼玉・入間川】

清流はオイカワ釣り日和 二本毛バリ『テンカラ』で好釣【埼玉・入間川】

オイカワ釣りの季節がやってきた!今回は単体毛バリではなく、上下に二つ付ける「トレーラー仕掛け」でオイカワを釣ってみた。埼玉飯能市の入間川での釣りをリポートする。

『テンカラ』ステップアップ解説:「二本毛バリ」仕掛けは効果的か?

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライタイー小島満也)

小島満也

淡水小物、トラウト、バスを追うテンカラアングラー。週末は「裏の川」にいます。埼玉県在住。

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

オイカワとは

清流はオイカワ釣り日和 二本毛バリ『テンカラ』で好釣【埼玉・入間川】美しいオイカワ(提供:TSURINEWSライタイー小島満也)

いまさら説明不要の清流に棲むポピュラーな小魚。川釣り代表格の魚だが、水面を流下する水生昆虫を渓流魚のようにライズして捕食するので、毛バリ釣り愛好家からも格好の相手として、人気がある。

オスは繁殖期を迎える初夏になると、体に鮮やかな婚姻色が現れ、尻ビレがまるで羽衣のように優雅に伸びる。13~14cmになると大型の部類。ヒットすると、小気味よくサオを曲げる。近年は、専用のフライロッドも市販され、フリークたちの裾野は近年広がっている。

入間川のオイカワ釣り場

清流はオイカワ釣り日和 二本毛バリ『テンカラ』で好釣【埼玉・入間川】加治橋から入間川下流を見る(提供:TSURINEWSライター小島満也)

釣り場は、飯能市落合地区で成木川が合流する、すぐ下手に架かる加治橋からJR八高線鉄橋までの500~600m間。この区間はトロ場、浅瀬、ガンガン瀬、落ち込み、分流と川相はバラエティに富む。オイカワだけでなく、カワムツ、コイ、バスも混成する。季節にはアユのトモ釣り場にもなる好釣り場だ。

成木川合流点前の右岸に駐車スペース(無料)があるので、車利用の場合はここに停める。釣り場へは右岸に沿う遊歩道を利用する。加治橋をくぐり、中学校と高校の裏を歩くが、一帯の遊歩道は桜が緑陰を作っているので、河原を見下ろしながら、一休みするのにもいい。

釣り場へは遊歩道のどこからも下りられる。スニーカーでもいいが、ポイントが限定されてしまうので、できれば膝下くらいまでのニーブーツを履いた方が行動範囲は広がる。

釣りの前に入漁券

清流はオイカワ釣り日和 二本毛バリ『テンカラ』で好釣【埼玉・入間川】入漁券が必要(提供:TSURINEWSライター小島満也)

右岸側の加治橋袂に市林業センターの建物があり、1階に入間漁業協同組合の事務所(電話042-973-2389)。平日なら、ここで入漁券が購入できる。休祝日釣行なら、事前に券販売店舗の情報を入手しておこう。入漁料はリール釣り(フライ、ルアー含む)なら700円、ノベザオなら400円(いずれも1日)。

次のページで当日の釣りの模様を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。