【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?

【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?

いよいよアユ釣りシーズン開幕。昨年はコロナ禍の影響はあったが、今年は一部漁協を除き例年通りの解禁となりそうだ。今回は松阪市を流れる櫛田川上流、波瀬川を紹介したい。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・石橋英之)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り アユ釣り

足で稼ぐ渓流相

今年の解禁は6月20日。放流は湖産1200kgを波瀬川中心に、海産300kgが本流に放流されている。釣り場は国道166号線を奈良方面に走り、赤桶のエン堤から上流が櫛田川上流漁協管内になる。

田引地区から森地区の本流は海産を中心に放流されているが、森地区は蓮川上流のダムの影響で釣果も芳しくなく、あまりおすすめできない。森地区で蓮川と波瀬川が合流。国道沿いの波瀬川はダムの影響を受けないのでおすすめだ。

典型的な渓流相で、湖産が放流されているため比較的釣りやすいが、逆に一度サオが入ると数は出ない。反応が悪くなったらポイントを変わるか足で稼ぎたい。しかし場所によっては両岸が岩のため、川通しが難しい所があるので無理はしないでほしい。

ポイント紹介

さて具体的なポイントを2カ所紹介しよう。

山林舎前

国道を奈良県方面に走ると、左側に波瀬駅がありこの対岸が山林舎だ。駐車スペースも十分ありトイレも完備されて、足場も良く年配者や女性にもおすすめだ。

【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?波瀬駅(提供:週刊つりニュース中部版APC・石橋英之)

つり橋で対岸に渡るが、このつり橋上下はだれが見てもサオを出したくなる。

【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?つり橋の下流(提供:週刊つりニュース中部版APC・石橋英之)

一面にひと抱えの石が入っている平瀬で、水質が抜群で水の中がよく見えるため、ポイントへのアプローチは要注意。できる限り自分より上流を釣るようにすることが大事だ。また湖産アユなのでオトリはあまり動かさず、1つの石で止め泳がせをするのが有効だ。

【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?山林舎の下流(提供:週刊つりニュース中部版APC・石橋英之)

具体的には上流に向かってサオを立て、サオ先の下にオトリを置いて仕掛けを張り気味にし、尻尾を振らせるイメージ。ひとつの石でも裏、前、右、左と10cm刻みでオトリを動かす感じだ。この瀬の下は淵で、ここは魚がたまる。ゆっくり泳がせて反応を見よう。水温が上がると、流れ込みの波立ちでやる気のある魚が掛かる。

波瀬小学校前

山林舎から下流右岸側に波瀬小学校がある。駐車スペースもあり人気のポイントだ。川に降りてすぐ上に短い瀬があり、ここはやる気のある魚が着く。一筋一筋丁寧に探りたい。

【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?波瀬小学校前橋の上流は人気ポイント(提供:週刊つりニュース中部版APC・石橋英之)

橋下流は川幅が狭くなるが、ひと抱えの石がびっしり入っておりやる気のある魚が掛かる。下流のヒラキも橋上流同様鏡のトロ場。群れアユ狙いだが、時間帯が合えば数は出る。

【2021三重】鮎トモ釣りオススメ河川:櫛田川上流 オトリ止めて釣る?波瀬小学校前橋の下流(提供:週刊つりニュース中部版APC・石橋英之)

次のページで櫛田川のおすすめ仕掛けを紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。