大阪湾のアジがアフターに入った可能性あり 攻略法は焦らないこと?

大阪湾のアジがアフターに入った可能性あり 攻略法は焦らないこと?

大阪南港のアジは、5月下旬になって産卵後、アフターアジになったらしい。こうなると活性が下がってしまって釣れにくいが、群れが接岸している限り釣り方はあるので紹介したい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

5月中ごろからアフターパターンに

産卵後パターンは、同じポイントで定点観察的に釣っているとよくわかる。荒食いしていたときよりもアタリが減り、食い渋る。これは産卵を終えたアジの特徴だ。おそらくエサを吸い込む力も少ないのだろう、ショートバイトが増える。

大阪南港では5月の半ばを境に少しアタリが遠くなり、今では(5月下旬)相当シビアになった。筆者の私見として、時合いのパターンがある海では、上げ下げの潮に絡んで夕マヅメ朝マヅメに食わないと、この時期はもうアフターかな、と考える。

アフターとなると、産卵で疲れたアジに口を使わせるために、かなり精神を削る。基本的な心がけとしては、「焦れない」「よりフィネスに」という2条だろうか。

産卵後アジの釣り方

卵を産んだ後のアジは、しばらく沖にいかずに留まることも多い。レンジはそのときどきだが、筆者は基本的に、沈んでいると考えて釣っていく。とはいえ、5カウントからの釣りでカウントダウンし、アジがいるレンジを突き止めるのだが、それもかなりスローにやる。

「焦れない」

産卵後のアジは焦れたら負けだ。産卵前の荒食いのイメージを残してジャカジャカとリグを動かすと、群れの密度が濃くない限り、見切られる。おそらく産卵後は体力減のためアジもナイーブになっているのだろう。イト鳴りや着水音などにも敏感のように思われる。

焦れない、焦れない。アタリが出たら、その出方に合わせていく。まずは焦れずに、そこにいるかどうか突き止めることだ。

「よりフィネスに」

産卵後のアジはショートバイトが多い。このショートバイトはほぼ確実に低活性のショートバイトでワームの尾っぽを噛んでくるような出方をする。ただ、尾っぽを噛むというのはヒントになる。

尾っぽを噛むショートバイトは、アジがワームにアタックしようとはするけれど、ヘッドが重くて吸い込みきれない、ということを意味する。だから、ヘッドを軽くして、ワームも小さめにする。そうするとうまいこと口にハリを持っていける。

大阪湾のアジがアフターに入った可能性あり 攻略法は焦らないこと?焦れずにフィネスで釣る(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ガンガンとアタるショートバイトは高活性ショートバイトで、この時期は産卵前か産卵後か地域性もあるので何ともいえないが、これは対照的にヘッドをやや大きくすると釣れやすい。

次のページではアフター攻略の心構えを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。