ナイトシーバスゲームで85cm本命 イカに惑わされたらイカン?【熊本】

ナイトシーバスゲームで85cm本命 イカに惑わされたらイカン?【熊本】

通詞島で前日のリベンジシーバス狙い。状況を読んだルアー選択と攻め方で、ナイスコンディションの大型をキャッチ!リベンジ達成の釣行をレポートする。

熊本県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

通詞島でシーバス狙い

5月中旬、前日のリベンジをしにまたも通詞島に到着。朝から降り続いている雨の中、堤防先端へ向かう。

ナイトシーバスゲームで85cm本命 イカに惑わされたらイカン?【熊本】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版APC・日髙隆行)

タイラバにマゴチ

まだシーバスは浮いて来ておらず、遊びでキャスティングタイラバをしてみることにした。自作した約30gのタイラバをキャストした1投目、着低からの巻き始めで「ゴッゴッゴ!」スイープにアワセを入れ「乗った~マゴチか!」ヘッドシェイクはするが突っ込みがないことから、やり取りの中で魚種を推測。そのままごぼう抜きしたのは40cmクラスのマゴチ!

ヒラスズキも顔出し

午後8時までキャスティングタイラバをするがマゴチのみ。シーバスタックルに持ち替えてシーバスを待つが、ライトが効き始めてもまったく出てこない…「なんで?」。

その30分後、「やっと出てきたよ、昨日のリベンジに来たよ~」と、まずはジグヘッドリグ(静ヘッド16gに+フラットジャンキー)をキャストするが無反応。

「またか」ここで前日反応が良かったショアラインシャイナー120(レッドヘッド)をキャスト。遅めのリトリーブには反応しないため、速巻きで探ると「ゴンッ!」「乗った~でも小ヒラ」ショアラインシャイナーをガッツリ咥えこんでいる。だが、次のキャスト時にはチェイスのみ…「さっきのガッツリ咥え込みはなんだったのよ…」。

本命ヒットもサイズに不満

ここで潮が止まりまったり感…「イカでも出そうなぐらい緩んだな」と、ここでイカ浮上! おもむろにエギをキャストするが無反応…「イカに惑わされたらいかん」シーバスに目標を定め、下げのタイミングを待っていると、下げ始め・雨の恩恵濁りが入ってきた!「釣れる!」

静ヘッド+フラットジャンキーをセットしキャストすると、すぐに反応あり!「ゴンッ!」「お~ましなサイズの小ヒラか」連投していると「ゴンッ!」「お~次はマルか!」タモ入れして口の中をのぞくとフラットジャンキー丸のみ。「確実にエサと認識して食ってる証拠やけどデカいのが出らん」。

次のページで85cmシーバス登場!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。