夏カワハギ攻略!6~8月の効果的な船での攻め方【イラスト付き解説】

カワハギ釣りを考えるうえで、年間の動きと生態(生活年周期)を知っておくことが重要だ。その時期が魚にとってどういうタイミングなのか理解して、それを反映した釣りを組み立てることが大切だ。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

カワハギの生活年周期

①産卵期

関東近郊(東京湾と相模湾)では、晩春から初夏(6~7月)、海水温が上昇。

それにともない、産卵準備のためエサ場(根周り、ヘリ、ツブ根)から産卵場である浅場の砂地やツブ根にやって来る。

ほかの魚同様、大型の個体から産卵を迎え、中~小型の個体はやや遅れて産卵する。

②回復期

産卵が終わった盛夏から初秋(8~9月)、さらなる海水温の上昇とともに、産卵で消耗した魚体を回復させるため、群れをなさずに浅場で活発にエサを捕食する。

③索餌期

晩秋から初冬(10~12月)、海水温の低下とともに越冬を意識し始める。

肝臓にエネルギーを蓄えるため、エサ場で荒食い、釣りは最盛期を迎える。

④越冬期

その後、段々と群れを作って深場(20~40m)へ移動。

冬から晩冬(1~3月)、さらなる海水温の低下とともに完全に深場(40~60m)に落ちて越冬する。

初春から春(4~5月)は、また産卵に向けて海水温が上がり始めると群れをなして深場からエサ場へ向かう。

ここ数年、海水温が安定しないため、多少のブレはあるが、カワハギの1年はこの様に動いている。

産卵期の中~小型の特徴

6~8月は、まだ産卵期の中~小型と早くに産卵し回復期を迎えた大型がターゲット。

産卵に参加しない非常に大きな個体(年無し・老魚)と昨年の1番最後にふ化した非常に小さい個体(極小ワッペン・未成魚)も交じるが、これらは個体数が少ない。

この時期は本命以外の魚も活性が高いので、それらを避けながらパターンを組み立てていく攻略法が必要。

産卵期の中~小型は非常にデリケートな状態で、エサの追いと吸い込みが悪い。

アサリを一気に食わず、何回かに分けて捕食するのでアタリが小さい。ハリ掛かりが悪く、バラシが多くなる。

メスは特にこの傾向が強く、ほかの魚の反応と区別が難しいほどだ。

デリケートな時期とはいえ、エサを見つければ捕食する。

縦の釣りでも横の釣りでも、小さなアタリ(触り)を見逃さず、ゆっくりとエサを食わせ(前アタリ)、ハリが口の中に入った“掛けアタリ”を感じてから掛けにいけばいい。

アタリの小さい小型がメインになるので、ハリは吸わせ系の小バリ(6.5~7号)を多用して、吸わせて掛けることをイメージするといい。

吸い込みが悪い時はハリスを長くして、違和感なく吸わせることを心がける。

長いハリスは感度が悪く、エサだけ取られることが増えるので、3本バリのうち、1本だけ長ハリスにするといいだろう。それでも吸い込みが悪い時はハリスを細くする。

回復期に入った大型の特徴

早くに産卵し、回復期に入った大型の個体はエサの要求量が多いため、エサへの執着が強く、追いが非常にいい。また、釣れるのはオスにかたよる。

このような魚は単独でいることが多く、数釣りは望めない。

広範囲に散らばっているので、キャスト中心の横の釣りで広く探り、魚を見つけることが効果的。

回復期ということもあり、活性は高いので1回掛け損じても、エサが残っていれば2回、3回と追ってくる。

早アワセしないように心がけよう。

アタリを感じたら、触り→前アタリ→掛けアタリをしっかり確認。

掛けアタリがくるまで待ってアワセることが重要。

独特の持ち方で竿先に集中する。

横の釣りである程度カワハギの居場所が分かった場合、そこに船が差し掛かったら縦の釣りに切り替える。

大型のオスがメーンになるので、吸わせ系の大きめのハリ(7.5~8号)を多用するが、吸い込みがいい時は中~大型のハゲバリで乗せて掛ける。

アタリはしっかりでるので、ハリスは「吸わせ系=長め」「ハゲバリ系=短め」がいい。

吸い込みがいい時は魚が大きいので太いハリスを使用する。

産卵期の中~小型個体と、回復期の大型個体のどちらが多いのか、フィールドで判断。

それぞれの魚にアプローチ、パターンを合わせるのがキーになる。

夏カワハギを攻略するときは参考にしてほしい。

きっと今までとは違う攻略法が組み立てられるはずだ。

ゲストのかわし方

カワハギ以外の魚を避けるには通常、

①オモリを海底に着けずに縦の釣りでかわす

②仕掛けを速く動かして本命だけがエサのアサリを捕食できるスピードでかわす
と、いった方法がある。

しかし、夏カワハギは大型のオス以外の活性はあまり高くなく,タナは海底付近が多くなるため、これらの方法ではうまく対応できない。

そこで、従来の仕掛けに高足(アシスト)と呼ばれる間を付けることで、かなりの確率でゲストを交わすことができるようになる。

参考タックル図。

【高足アシストとは?】

簡単に着脱できる底上げの仕掛け。

オモリと一番下のハリの間を長くすることで、ゲストがいるタナより上から落とし込んで狙える。

こうすることで、カワハギと仕掛け・エサが出会う確率を上げる。

本命とゲストの活性や捕食スピードから考えると、高足アシスト使用時の落とし込み方法には3種類ある。

①フリーフォール
仕掛けとエサの重さだけでフォール

②テンションフォール
中オモリを使用、テンションをかけながらフォール

③アピールフォール
集寄を使用、カワハギにアピールしながらフォール

20~40cmの範囲で、アシストの長さを複数用意。

フォールに中オモリや集寄を活用することも。

どの高さから落とし込むか状況に応じて使い分けることも重要だ。

<鈴木孝/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月29日号に掲載された記事を再編集したものになります。