今さら聞けない沖釣りのキホン:初心者でも簡単にできる魚の『脳締め』

今さら聞けない沖釣りのキホン:初心者でも簡単にできる魚の『脳締め』

船釣りで釣った魚はもちろん新鮮ですが、釣った魚は正しく処理を行わないとおいしさも半減。今回は、簡単にできる魚の『脳締め』方法を解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター西澤俊彦)

Avatar photo
西澤俊彦

釣りって楽しいですよね、その時釣れる魚を狙ってその経験を皆様にお伝えしていきます!

×閉じる

その他 お役立ち

脳締めの方法

脳の位置は魚により異なりますが、マダイは写真の赤丸になります。周囲は硬い骨格に覆われているため違う場所に刺そうとすると硬くて刺さりにくく、正しい位置に刺せるときはあまり抵抗なく刺すことができます。

今さら聞けない沖釣りのキホン:初心者でも簡単にできる魚の『脳締め』マダイの脳の位置(提供:TSURINEWSライター西澤俊彦)

脳に刺さったら

うまく脳に刺さると魚は「ビクッ」と硬直した動きをします。その後ほとんど動かなくなり「ぴくぴく」と小さく痙攣する程度になりますのですぐにわかります。この後血抜きを行います。船上は不安定な場所になります、くれぐれも刃物などの取り扱いは注意して怪我しないようにしてください。

<西澤俊彦/TSURINEWSライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。