インド洋で生きた化石「シーラカンス」が漁獲 食べたら美味しいの?

インド洋で生きた化石「シーラカンス」が漁獲 食べたら美味しいの?

インド洋で、生きた化石として広く知られるシーラカンスが漁獲されました。大きくて肉量も多く食べでの有りそうな魚ですが、実際のところ味はどうなのでしょうか。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

「生きた化石」シーラカンスが漁獲

先日、「生きた化石」として知られる巨大魚シーラカンスが漁獲され、話題になっています。シーラカンスが水揚げされたのはインド洋の島マダガスカルの沖合。実は本種の生体が初めて発見された土地でもあります。

インド洋で生きた化石「シーラカンス」が漁獲 食べたら美味しいの?シーラカンスの標本(提供:PhotoAC)

かつてこのシーラカンスは、化石は発見されるものの生きている個体が見つかっておらず、現代の魚類とも大きく異る風貌から、約6500万年前に絶滅した古代の魚と思われていました。

しかし1938年にマダガスカル島沖で発見され、現在も化石になった個体とほぼ同じ形状を保ちつつ、現生種として存在していることがわかったのです。それ以降も単発的に捕獲されてきており、今回もそのひとつとなります。(『インド洋で地元漁師が「生きた化石」シーラカンスを生け捕り!』日刊ゲンダイ 2021.5.20)

シーラカンスとはどのような魚か

シーラカンスとは実は単一種の名称ではなく、シーラカンス目というグループに属する魚の総称です。その殆どは6500万年前の隕石衝突によって絶滅した化石種であり、現生種はインド洋に生息しているラティメリア・カルムナエと、インドネシアに生息するラティメリア・メナドエンシスの2種のみだと言われています。

インド洋で生きた化石「シーラカンス」が漁獲 食べたら美味しいの?ヒレの形が独特(提供:PhotoAC)

いずれも水深200~1000mの深海に生息している深海魚で、生け捕りにしても水族館などで飼育展示することは難しいため、我々一般人は標本しか目にすることができません。

古生代の約3億5000万年前に誕生して以来、現在に至るまでほとんど姿を変えていないことから「生きた化石」とされています。

シーラカンスは食べられる?

今回漁獲されたシーラカンスは、サメ漁の網にかかってきたものだそうです。シーラカンスを狙った漁業は存在せず、深海魚ということもあり捕獲されることは非常にまれです。

1mを超える大きな魚のため食べ出がありそうに見えますが、実際に食用にされることもないことはないといいます。しかしシーラカンスには多くの深海魚に共通する「体脂肪を多く含む」という特徴があり、これが食材としての価値を大きく毀損しています。

インド洋で生きた化石「シーラカンス」が漁獲 食べたら美味しいの?ワックスエステルを多く含む魚の代表・アブラソコムツ(提供:茸本朗)

深海魚にはアカムツ(ノドグロ)やギンダラのように、体脂肪が豊富でトロのように美味しい魚もありますが、シーラカンスの脂肪はそれらの魚の油脂分とは異なり、人間が消化できない「ワックスエステル」です。そのため不用意に食べるとひどい下痢に見舞われたり、肛門から油が漏出することが起きうると考えられます。

したがって、万が一シーラカンスの肉を手に入れる機会があったとしても、食べることは避けたほうがいいでしょう。

食べるよりは研究機関に回したい魚といえますね。

<脇本 哲朗/サカナ研究所>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。