相模湾マルイカ釣りで84匹 敢えての「雨の日」狙いが的中?【一俊丸】

相模湾マルイカ釣りで84匹 敢えての「雨の日」狙いが的中?【一俊丸】

釣りに行くにも雨は避けたいと思うところだが、むしろ雨の方が好調となる釣り物がある。今回は雨日和に好調で、浅場に移動してきて釣りやすくなったマルイカを紹介したい。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

船釣り イカ釣り

相模湾マルイカ釣り

マルイカ釣りは相模湾で1、2月ごろからスタートする。シーズン初期は水深90mという深場から始まることになるが、ターゲットのマルイカはかなり小さく、アタリを取るのが難しい相手なので深場のころは慣れていないと手が出しづらい。

しかし、春先になると水深30m以内の浅場にマルイカの群れが入ってきて、慣れていない方にも釣りやすくなってくる。繊細なアタリを捉えて積極的に掛けにいくスタイル、そしてスッテの配色に思いを巡らすというゲーム性が人気の釣りだ。

マルイカ釣りは雨天が好適?

そんなマルイカだが、「雨の日はマルイカが好調になる」という噂を聞いたことがないだろうか?私もこの噂自体は知っていたが、同じ軟体系であるマダコやアオリイカは淡水(つまり雨)を嫌うという話も聞いたことがあるため、その真偽は不明であった。今回は、敢えて雨の日を狙い、雨の日のマルイカは本当に好調なのか、確かめてみた。

相模湾マルイカ釣りで84匹 敢えての「雨の日」狙いが的中?【一俊丸】雨の日が狙い目(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

一俊丸でマルイカ釣り

5月13日、茅ヶ崎の一俊丸さんにお邪魔した。天気は狙い通りの小雨。予報では強めに風も吹くとのことであったが、実際にはそんなに強風は吹かず、釣りはしやすい雰囲気であった。

午前6時の出航から40分ほどでポイント到着。水深は大体30m前後といったところで、いかにも初夏の浅場マルイカという状況である。

相模湾マルイカ釣りで84匹 敢えての「雨の日」狙いが的中?【一俊丸】マルイカタックル(作図:TSURINEWSライター古谷健太)

群れ見つけると船中連発

一流し目は船中不発に終わったが、すぐに別の群れに当てなおすと着底でサオ先にアタリが伝わってくる。すかさずアワせると小さなマルイカだが「ズシっ」とした重さが伝わってくる。船中でもどんどんイカを掛けているようで、今日が好調な日であることは疑いようがない雰囲気である。釣れてくるマルイカは小さなサイズのものが多いが、中には良型も交じり、またムギイカも数多く顔を出し、釣果を賑わせてくれる。

相模湾マルイカ釣りで84匹 敢えての「雨の日」狙いが的中?【一俊丸】ムギイカ交じりに好調(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

40分流しっぱなしも

イカ釣りの場合、エサで群れを足止めしているわけではないし、イカの群れは移動が意外と早いので、同じ流しで群れを目掛けて何度も投入し直せることは多くない。しかし、この日は流しによっては10回程度も連続で投入、ヒットが続くこともあり、あとから確認したところ、とある流しでは40分も流しっぱなしにできていたそうだ。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。