鳥羽沖でマダイ&青物好気配 ジギングとタイラバで満喫【三重・強丸】

鳥羽沖でマダイ&青物好気配 ジギングとタイラバで満喫【三重・強丸】

5月に入り、三重県・鳥羽の遊漁船もマダイがコンスタントに釣れている。今回は安楽島の強丸で、タイラバ&ジギングに出かけたのでその様子をレポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

強丸でタイラバ&ジギングゲーム

5月7日、鳥羽市安楽島の強丸に、釣友3人でタイラバ&ジギングに出かけた。

船長に釣行プランを確認すると、朝一はジギングで青物を狙い、その後はタイラバでマダイ狙いとのこと。

ジグは120~150gで、シルエットは小さめがいいとアドバイスもらった。そこでジグはTGベイト120gからスタートすることにした。

朝一ジギングでワラサ

午前6時すぎに出船し、最初のポイントに到着。船長の合図で釣りがスタート。早速ジグをチョイ投げし、着底後3回ほど巻き上げた後、ワンピッチで誘うが潮は軽め。潮の状態はあまり良くなかったが、2流しめには同船者にワラサがヒット。

続いて隣の釣友の安部さんにもワラサがヒットした。青物への期待が膨らみ丁寧にワンピッチで誘うが、次のヒットも安部さん。焦る気持ちを抑えながらジグの動きに集中し、ワンピッチしているとゴツンとしたアタリ。引きから狙い通りの青物と確信。グイグイとリールを巻き上げてくると64cmのワラサだった。

鳥羽沖でマダイ&青物好気配 ジギングとタイラバで満喫【三重・強丸】64cmのワラサゲット(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

1.7kgトラフグも

しかしワラサは単発のヒットのみで連鎖もなかったためか、ハマチ狙いのポイントへ移動。次のポイントでは同船者がハマチをポツポツとヒットさせるが、私はバイトなし。ジグのシルエット、誘いを工夫してみるが、なかなかヒットに持ち込めない。

釣友の森さんにヒットジグを確認すると頑鉄120gとのこと。私も同じジグを使用し、着底後3巻き程度するとゴツンとしたアタリ。しかし重みは感じるが、全く引かない。サワラではと期待して巻き上げてくるが、一向に引かない。

徐々に魚影が見えるとなんと正体は1.7kgの巨大トラフグ。思わぬゲストに同船者も大盛り上がり。

鳥羽沖でマダイ&青物好気配 ジギングとタイラバで満喫【三重・強丸】巨大なトラフグも顔を見せた(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤新治)

待望のマダイゲット

その後干潮を迎えたためタイラバのポイントに移動するが、潮が動かず苦しい展開。正午すぎにようやく潮が動きだすと、またもファーストヒットは安部さん。狙い通りのマダイをゲットする。

安部さんにパターンを確認すると、着底後の10巻き程度で着底を取り直しているとのこと。同じ誘いにすると着底後2~3巻きで早速のアタリ。アワセは入れず向こうアワセで巻き続けると、サオ先がたたかれる。ゆっくりと一定速度で巻き上げてくると、待望のマダイだ。

次のページで最終釣果を発表!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。