関東でアカハタ生息域拡大中 神奈川県の陸っぱりゲーム3つの特徴とは?

関東でアカハタ生息域拡大中 神奈川県の陸っぱりゲーム3つの特徴とは?

近年アカハタゲームで注目の神奈川県内の地磯。人的プレッシャーが高く、シビアな釣りを強いられることもしばしば。今回はアカハタゲームの状況と今後の展開について考えてみます。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

神奈川エリアのアカハタ

元々南方にいたアカハタは近年生息域を広め、神奈川県内の地磯でも釣果が上がるようになった。まとまった釣果とまで行くことが少なく、これから発展していくであろうエリアの一つだ。

メインのエリア

小田原~真鶴半島での釣果情報はインターネット上でも目にすることが多く、この記事をお読みいただいている人もご存知の方も多いはず。神奈川県内においては小田原~真鶴半島が陸っぱりアカハタゲームのメインエリアとなる。

まだまだ未開拓のエリアとしては三浦半島が挙げられる。三浦半島はオフショアからの釣果情報が多く、陸っぱりからは自らポイントを開拓していく必要がある。

関東でアカハタ生息域拡大中 神奈川県の陸っぱりゲーム3つの特徴とは?神奈川県内の地磯でも狙えるアカハタ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

最近の状況と今後の展望

メインエリアとなる小田原~真鶴半島ではほぼシーズンイン。しかし5月上旬では水温が17℃前後で、ハタの活性が本格的に上がり始める18℃をギリギリ越えないくらいのため、まだまだ低活性だ。今後水温が18℃を超えれば、さらに釣果が上がるだろう。

7月に入ると水温が安定し、本格的なシーズンとなり、数釣りが期待できそうだ。夏になると意外と浅場でも釣れ、水深が2m前後でもアカハタが食ってくることもある。

9月~10月に数釣り最盛期となり、比較的簡単にアカハタをキャッチできる。その後11月くらいまでアカハタを狙って釣れる状況が続くと考えられる。

次のページでアカハタゲームの特徴を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。