FGノットを快適&確実に結束できる『FGノッター』の作り方

FGノットを快適&確実に結束できる『FGノッター』の作り方

PEラインとリーダーを結束する際に多用されるのがFGノット。少々難易度の高い摩擦系ノットだが、FGノッターがあれば簡単に結べる。今回は私の自作FGノッターを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

FGノッターを作ろう

釣りイトの主流がナイロンからPEラインに替わって久しい。とはいえ、結束強度や耐摩耗性が弱点となるPEラインにはショックリーダーが必要不可欠。初心者のころ、苦労して結んだリーダーがすっぽ抜けて悔しい思いをした人も多いだろう。

登場したころは1号で極細といわれたPEラインも、今や0.2号未満も珍しくない時代となった。しかし釣り歴ウン十年のオッサンには、これが見えない。リーダーの結束は、もはや初心者だけの問題ではないのだ。

それは私とて例外ではなく、数年前からラインノッターのお世話になっている。これが実に快適だ。このノッターで結束できるのはFGノットといわれるもの。文字だけで説明すると非常に難解なので、ネットなどで予備知識を仕入れた上で読み進んでほしい。

FGノッターの材料

材料は釣具店などで手に入るステンレスの硬線(バネ線)と細いシリコンチューブ。

FGノットを快適&確実に結束できる『FGノッター』の作り方必要な材料はこれだけ(提供:週刊つりニュース中部版APC・浅井達志)

バネ線の径はPEライン0.6号以下なら1.4mm、それ以上1.5号までなら1.6mmといったところか。シリコンチューブはバネ線より内径の小さいもの。緩い場合は、熱収縮チューブなどでかさ上げして簡単にはズレないようにしておく。単なる滑り止めなので入手が難しければ細めのウキゴムでもいい。

次のページでFGノッターの作り方を解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。