人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:流用可能なロッドの条件とは?

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:流用可能なロッドの条件とは?

近年アカハタゲームが流行しており、これからアカハタゲームを始めたいアングラーも多いだろう。そんなアングラーのためにアカハタゲームに流用可能なタックルについて考えてみる。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

アカハタゲームとは

アカハタゲームとはアカハタをルアーで狙う釣りのことである。近年人気のある釣りで各社から専用ロッドが発売され、選択肢が増えた。しかしこれから始める人は今持ってる他の釣りで使用しているタックルを流用することも可能だ。とりあえず今の手持ちでやってみてハマったら専用ロッドを購入する流れで全く問題ない。

専用ロッドの特徴と流用

アカハタゲームではテキサスリグやフリーリグを使用してアカハタを狙うため、専用ロッドはそのようなリグを扱いやすい先調子のロッドが多い。いわゆるエキストラファストと呼ばれるタイプだ。またアカハタがヒットしてから取り込むまでアカハタの強い引きに耐え、根から引き剥がすロッドパワーが専用ロッドには備わっている。

専用ロッドほどの操作感はないが、他の釣りで使用しているロッドでも代用は可能だ。特にシーバスロッドを使用しているアングラーが多いように感じる。その他のロッドでも流用可能なため、次に流用できるロッドにどのような性能が備わっているといいかを示す。

流用できるロッドの条件

流用できるロッドの条件は以下の通りだ。

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:流用可能なロッドの条件とは?まずは流用タックルで始めよう(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

1oz程度を扱うことができる

アカハタゲームでは20~28gくらいのシンカーを使う場面が多い。そのシンカーをフルキャストできることが必須条件となる。

ロッドの長さは最低でも7ft後半

磯やゴロタ浜でのアカハタゲームでは高い支点から釣りをすると根掛かりを回避しやすい。そのためロッドの長さは最低でも7ft後半は必要だ。

バットにパワーがある

アカハタは引きが強く、ヒットしてから根に入ろうとする。根に潜られないようにやりとりができるバットパワーのあるロッドが必要となる。

スピニングでもベイトでもOK

ハードロックフィッシュのタックルというとベイトのイメージが強いが、スピニングでも全く問題ない。使いやすいタイプを使用しよう。

人気急上昇中『アカハタゲーム』のキホン:流用可能なロッドの条件とは?リールはスピニングでもベイトでもOK(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

次のページでは流用可能ロッドの具体例を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。