「超高精度」海底地形図『釣りドコ』活用術 「高難易度」ヒラメを攻略

「超高精度」海底地形図『釣りドコ』活用術 「高難易度」ヒラメを攻略

超高精度の海底地形図が無料で見られるアプリ「釣りドコ」を活用して、熟練アングラーが初場所でロックフィッシュ&ライトゲームに挑戦。果たして結果は?

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

『釣りドコ』で初場所に挑戦

コロナ禍のレジャーとして釣りがブームになっている。なかでも手軽な陸っぱりは釣り人が急増。一方で、ゴミの放置や違法駐車、ローカルルールを守らないなどの問題から釣り禁止、立ち入り禁止になった漁港や堤防は多い。特に神奈川県・三浦半島はほとんどがNG。「じゃぁ、どこで釣りすればいいの?」

「超高精度」海底地形図『釣りドコ』活用術 「高難易度」ヒラメを攻略新規釣り場を開拓(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

海底地形図『釣りドコ』

そんな悩めるアングラーにオススメのアプリが『釣りドコ』。超高精度の海底地形図は、今まで漠然としか分かっていなかった海底の起伏や海溝、沈み根が丸見え。対象魚によって「どこを狙えばいいのか?」「なぜこのポイントで釣れたのか?」という理由が明らかになる。なにより無料なのがうれしい。

熟練アングラーが挑戦

今回、取材をお願いしたのは、房総半島をホームグラウンドにしているダイワフィールドテスターの渡邉長士さん。依頼する際、三浦半島での実釣を伝えると「えっ、千葉じゃダメなんですか?神奈川のサーフや地磯はほとんど知りませんよ」と、やや困惑気味。取材の趣旨を伝え、当日を迎える。

あらかじめ、事前登録していた彼が向かったのは毘沙門の磯。三浦半島は全体的に浅磯が占めるなか、ここは足元から急深になっているのが分かる。

「超高精度」海底地形図『釣りドコ』活用術 「高難易度」ヒラメを攻略携帯アプリで海底の地形が一目瞭然(提供:週刊つりニュース関東版 佐藤理)

ポイントの選び方

道中、初場所のポイント選びについて聞くと、以下3点が通常手順のようだ。

グーグルマップの衛星画像

おおよその地形はなんとなく見えるが、複雑な海底形状まではわからない。

ネットの釣果情報

数年前のものまで混在しているため情報が古く信頼性に欠ける。

釣り仲間の口コミ

その地域に精通する人が必要不可欠。

いずれも一つだけでは成立しないことが多く、複数の情報を組み合わせる必要があるようで、どうしても手間がかかってしまうようだ。

『釣りドコ』活用法

どうしても手間がかかる初場所開拓だが、『釣りドコ』があれば、効率よく、かつ精度を上げることができる。

「このアプリすごいですよ。各釣り場の細かい水深や根の形状はもちろん、マップにある魚マークで、どんな魚種が釣れたのかも、ひと目でわかる。例えば、ソーダガツオや青物と書き込みがあれば、潮通しのいいポイントなんだということを読み取ることができる。逆にクサフグとあれば、そのポイントはひとまず回避かな。」

釣りドコと熟練者の経験値が合わさると、高精度な分析結果がはじき出されるようだ。

次のページでロックゲーム1投目からヒット!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。