『メバリング』ステップアップ解説:新規「磯」ポイント開拓法と注意点

『メバリング』ステップアップ解説:新規「磯」ポイント開拓法と注意点

磯メバリングにおいては、インターネットの情報も少なく、どういった場所がいいのか悩む釣り人も多いと思う。今回は磯メバリングにおけるポイントの開拓方法を解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

新規ポイント開拓の注意点

新規開拓している時は、慣れていないポイントでの釣りとなるため注意しないといけない点がある。まず初めてのポイントへ行く時は絶対に単独釣行は避けて欲しい。そして、仲間同士でどこにいるか確認を取り合うためにも、セーフティライトは必ずつける。またフローティングベストとフェルトスパイクシューズも必須アイテムだ。

『メバリング』ステップアップ解説:新規「磯」ポイント開拓法と注意点セーフティライトは必携(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

そしてポイントに入るまでに危険なところがないかチェックすることも必要だ。一見平坦で足場のいい磯に見えても、粘土質の磯では平坦でも滑って転倒することがある。どういった性質の磯なのか、必ず記録を取っておく。

また明るいうちにチェックしたポイント以外には入らないようにしたい。暗くなってからどんどん奥に進んでしまうと、真っ暗闇でどちらに進めばいいか分からなくなることもある。携帯が繋がればGPSでどこにいるかわかるが、磯では携帯が圏外になることも珍しくない。

明るいうちにチェックしたポイントで反応がなければ、その日は引き上げまた作戦を練り直すことが望ましい。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。