知っておきたいロッド破損のコト 修理後に確認すべきポイントとは?

知っておきたいロッド破損のコト 修理後に確認すべきポイントとは?

破損したロッド。修理に出して返ってきたら、実釣の前にいくつか確かめたいことがある。修理の内容によっても異なるが、今回はサオ先の修理後の確認箇所を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

まずは修理内容を確認

釣具店でロッドの修理をしてもらったら、まずは修理内容を確かめる。

私自身の直近の経験を言うと、ちょっと無理な負荷のかかる使い方をしてしまって、ロッドの「#1」と呼ばれる、サオ先を折ってしまった。ここが修理されていることを、確認する。

知っておきたいロッド破損のコト 修理後に確認すべきポイントとは?返ってきたロッド(提供:TSURINEWSライター井上海生)

預けた付属品が一式ちゃんと返ってきているかも見逃さないようにしよう。サオと一緒に預けたはずの竿袋、取扱説明書などが行方不明になっているケースも、ないではない。

そのあとは、修理代金の支払い。私のサオは保証書つきで免責額の設定があったので、3100円プラス税という価格で済んだ。意外に、というべきか(メーカーにもよるが)、高価なロッドほど保証書がつかなかったりするので、購入時には保証書の有無も見ておきたい。

釣具店で確認したい2つのポイント

修理後のロッドは、ポンと返してもらってそのまま使っても、まあ、ほとんどの釣具店で問題はないだろうが、一応、その場で確かめておきたい2つのポイントがある。

補修箇所の曲がり込み

折ったロッドを修理した場合。その破損部位から先の曲がり込みは、修理直後に、必ずチェックしよう。具体的には、釣具店のスタッフさんにサオ先を持ってもらって、自分でグリップを握ってグーッと曲げる。その入り込み方が不自然になっていないか、確かめたい。

現在、保証書がついている#1の修理ならば、実は、その部分にまた素材を継ぎ足して、という作業をするのでなく、継ぎ目から上をごそっと丸ごと交換してくれることが多いようだ。そのため、破損した部位だけが不自然な曲がり込みをすることは考えにくいが、修理の内容を確かめる意味でも、スタッフさんとコミュニケーションして見たい。

継ぎ目の密着

上述のように、ツーピースロッドの#1程度の破損で、継ぎ目から上を丸々交換してくれるケースでは、その「継ぎ目の部位の密着」も気になる。もしかしたら、何も確認せずキャストしたら、そのまま継ぎ目から先がすっ飛んでいったりして……。ない話ではないだろう。

知っておきたいロッド破損のコト 修理後に確認すべきポイントとは?継ぎ目の密着は自分の手で確認(提供:TSURINEWSライター井上海生)

メーカーによっては非常に親切で、ただポンと機械的に換えるだけでなく、その継ぎ目の密着の度合いまで見てくれることもあるようだ。しかし、何事にもナイーブな筆者のように不安が残るなら、自分の手で触って確認した方が間違いない。

次のページで実釣での確認と大前提とは?

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。