今さら聞けないカサゴゲームのキホン:サカナの「有無」の見極め方

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:サカナの「有無」の見極め方

カサゴはデイ&ナイトお手軽なライトゲームターゲットである。漁港周りの足元にほとんど確実にいるのだが、反応させるための手は必要となる。それで釣れなければ見切りだ。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

カサゴはどこにでもいる?

よほど釣り荒らされている場所でない限り、カサゴは足元に、まず1尾はいる。ある程度の大きさで群れる魚でもあるので、大型が1尾いれば、そのエリア一帯で10尾までは狙える。

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:サカナの「有無」の見極め方 大丈夫、カサゴは釣れる(撮影:TSURINEWS編集部)

ではどういう理由で食ってこない日があるのだろう。実際、まったく食わないことも多いのだ。答えは、活性と密度としかいえない。活性は潮とベイトの条件により、密度はその場が岩礁帯のような変化に富む地形、カサゴのホームなら絶対的に多く、あまり変化のない護岸沿いにはやはり少なくなりがちだ。

ともあれ、いる・いないの判断は、「基本いる」ですべて通そう。メバル、アジ、共に反応しないときは、同様に活性も低いだろうが、カサゴはなんとか一尾は釣ることができる。

大きめワームで狙う

では、「基本いる」のに反応しないカサゴを、どうやって誘うか。

これは低活性・高活性のときを問わず、ワームの物感である。ボリュームだ。カサゴはその他のライトゲームターゲットと違って、大きいものに食いつきやすい。30g、40gのジグにも食うのだ。ワームだってある程度大きくした方が、カサゴに関しては確実に反応がいい。

釣れないからワームを小さくする、これはアジ・メバルの考え方で、カサゴは逆となる。アタリが出ないときには、大きくして誘う。これでともかく、触ってくるはずだ。

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:サカナの「有無」の見極め方カサゴは大きめのワームで釣ろう(撮影:TSURINEWS編集部)

乗せきれないアタリは、ジグヘッドの調整で合わせる。ワームの尻尾を噛んでいるようなブルブルッとしたショートバイトは、ハリを大きくして、口元までハリ先を持っていく。さらに、ワームが吸い込まれやすくなるように、ヘッドのウェイトをなるべく軽くして底をサーチしよう。

ハードルアーにも好反応

また、ワームにスレているカサゴは、実はハードルアーにかなり反応する。目先を大きく変えてやるのだ。マイクロメタル、メバル用ミノーなどを使って、底や壁にタイトに攻めてみよう。

今さら聞けないカサゴゲームのキホン:サカナの「有無」の見極め方ミノーでもカサゴは釣れる(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで汽水域にはカサゴはいない?

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。