『メバリング』ステップアップ解説:プラッギングのカラー選択とローテ術

『メバリング』ステップアップ解説:プラッギングのカラー選択とローテ術

昨今人気のメバルプラッギング。ルアーのカラーが増え、どれがいいのか悩むアングラーも多いだろう。今回はメバルプラッギングにおいて有効なカラーについて解説する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

カラーの重要性

メバリングでは、プラグでもワームでもカラー選択は重要である。全く反応がなく今日はダメかと諦め半分でカラーを変えると、いきなりバタバタと釣れることがある。このようにプラグのカラーが状況に合ってないとアタリすら無いことも珍しく無いため、状況に合わせたカラー選択が必要になる。

この状況でこのカラーが良いとパターンを掴むことができれば、今までよりも数を釣ることができるようになるだろう。

カラーの種類と特徴

メバル用プラグのカラーには、クリアー系とソリッド系の2つがある。

クリアー系

『メバリング』ステップアップ解説:プラッギングのカラー選択とローテ術クリアー系プラグ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

クリアー系はルアーが透明なカラーのことで、メバルプラッギングにおいては基本となるカラーである。クリアー系でもピンクやチャートなどのカラーもある。どんなパターンでも対応できるため、メバルプラッギングを始めるアングラーはクリアー系をまずは押さえたい。ピンクやチャートなどのカラーがあり、ラメが付いているものもある。

ソリッド系

『メバリング』ステップアップ解説:プラッギングのカラー選択とローテ術ソリッド系プラグ(提供:TSURINEWSライター山下洋太)

ソリッド系はクリアー系とは違い、透明ではなくシルエットがハッキリと出るカラーのことだ。マイクロベイトがいる時や、月が出ている時に使用頻度が高い。ブラック、チャートなどが代表的なカラーである。

クリアー系必携カラー

クリアー系で必ず持っておきたいカラーは以下の通りだ。

クリアーラメ

クリアーのボディにラメが入っているタイプ。ラメの色は赤やシルバーなど様々なパターンがある。ボディの色は完全にクリアーのものと、クリアーのチャートやピンクなどのものがある。メバルプラッギングにおいては、どのようなパターンでも適応できる懐の深さから、1番使用頻度が高いカラーだ。パイロットカラーとしても優秀である。

まずはこのカラーから試してみることで基準のカラーとなり、このカラーからどのようにカラーローテーションすれば良いかの判断材料となる。

グローグリッター

グローの粒がルアー表面に付いているカラー。全体がグローで光るカラーとは違い、粒が光るためアピールしすぎないところがこのカラーのいいところだ。アミパターンで特に威力を発揮し、このカラーでしか釣れないと時がある。絶対に持っておきたいカラーだ。グローグリッターを使う時は、UVライトなどで蓄光させてから使うことをオススメする。

ソリッド系必携カラー

ソリッド系で必ず持っておきたいカラーは以下の通りだ。

ブラック

ブラックはシルエットがハッキリと出るカラーだ。月が出ている時や常夜灯周りで活躍する。特に月が出ている時に海藻帯を攻める場合、海藻の上をブラックのルアーでトレースすると魚からの反応を得られることが多い。よくアングラーには不人気と言われているカラーだが、押さえておきたいカラーの1つだ。

チャート

クリアー系のチャートも人気の高い色だが、ソリッド系でも反応が得られやすいカラーだ。特にマッドチャートはオススメしたい。濁りが常にあるポイントでは、他のカラーでなかなか反応がない時でも釣れることがあるため、お試しいただきたい。

シルバー

シルバーはフラッシングでメバルをアピールすることができる。フラッシングでアピールするためには、ある程度の光量が必要だ。そのため常夜灯周りにベイトフィッシュがいる時には、シルバーが有効な場合がある。

次のページでカラーローテーションについて解説!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。