遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編

遠征釣行で気になるのは、やはり持っていく釣り道具。今回は、ヒラマサ狙いのキャスティング&ジギングゲームを例にして、持参タックル&道具を紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

宮崎ゆきお

さかな検定2級。主に遊漁船での沖釣りでルアーも餌もこだわりなく楽しんでいます。たまに仲間と遠征釣行にも出掛けてます。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

ルアー

ルアーも忘れてはいけません。

・プラグ系ルアー

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編梱包したプラグ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

100g前後をメインにダイビングペンシル7本です。これまで実績があるものがメインですが、新たに試してみたい新入りルアーもラインナップしてます。結局釣行で一度も使わずに家に帰ってくるルアーもあり得ます。

・メタルジグ

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編ジグバッグに入れたメタルジグ(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

150〜200gメインに15本前後。キャスティング場面も想定して50g前後のメタルジグも加えています。メタルジグも結局半分くらいは一度も使わなかったりするのは「釣りあるある」でしょう。

その他のグッズ

最後に、あると便利な釣行グッズを紹介します。

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編ボックスの中の様子(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

・プライヤー・ハサミ
(今回は船で締めてもらえる予定なので、ナイフと締め具は持参しません)

・予備リーダー
キャスティング用130lb、ジギング用60lb、タイラバ・スロージギング用4号。もっとたくさんの種類を持っていきたいところですが、だいぶ絞り込んでます。

・スイベル・アシストフックなどの小物類

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編小物類はまとめておく(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

・フィッシングウェア

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編ウェアは袋に入れて圧縮(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

・長靴(やわらかくてコンパクトにたためるタイプ)

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編長靴(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

・発泡ケースと荷造り紐と梱包テープと大型のポリ袋と持ち手。

遠征釣行の基礎知識:結局何を持っていけばいいの? ヒラマサゲーム編持ち帰り用発泡ケース(提供:TSURINEWSライター宮崎ゆきお)

どうでしょう。正直「そんなに持っていくの?」と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。でも、これでも20kg以内に抑えるべく精査したラインナップになります。

「あれ持ってくればよかった……」と後悔したくはないけど、手荷物はできるだけコンパクトにまとめたい。これが正直なところです。参考になさってみてください。

<宮崎ゆきお/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。