波止釣り『エサ図鑑』:シラサエビ 釣れる魚・入手方法・使い方

波止釣り『エサ図鑑』:シラサエビ 釣れる魚・入手方法・使い方

波止釣りのエサを、実釣体験の要素も交え一般の釣り人目線で綴ってみたい。今回は関西圏ではおなじみのエビエサ、シラサエビを紹介する。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

伴野慶幸

へっぽこ釣り師の伴野慶幸です。尼崎~垂水間の渡船利用の沖堤防 がメインフィールドです。

×閉じる

その他 お役立ち

シラサエビとは

湖・池・川などに生息する全長5cm前後の淡水産のエビで、学名はスジエビ。地方によりモエビ、湖産エビとも言う。

波止釣り『エサ図鑑』:シラサエビ 釣れる魚・入手方法・使い方関西ではおなじみのシラサエビ(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

シラサエビで釣れる魚

スズキ・ハネ(フッコ)・セイゴ、チヌ(クロダイ)が双璧で、根魚ではアイナメ、メバル、ガシラ(カサゴ)も人気のターゲット。波止の壁面に居つくカワハギ、ウマヅラハギ、ベラに対してもいいエサだ。

波止釣り『エサ図鑑』:シラサエビ 釣れる魚・入手方法・使い方アイナメもよく釣れる(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

シラサエビの入手方法

湖・池・川などで採取は可能だが、エサ店で購入するのが現実的だ。関西のエサ店では、およそ3~4cm×3辺ぐらいのサイズの桝に入る量1杯を400円から500円で販売している。

容器とエアーポンプを準備

シラサエビは生きていないとエサとして使い物にならないので、容器に淡水を入れて、その中にエビを入れて生かしておく必要がある。そのために、水漏れしない容器と「ブク」呼ばれるエアーポンプが必要になる。

まきエサをしない短時間の釣りなら、ポケット付きのビニールバケツに1000円以下の乾電池式エアーポンプの安価な組み合わせでも対応できるが、まきエサをしながらの数時間の釣りでは、密閉性の高いエビ活かしクーラーにパワフルなエアーポンプという組み合わせになる。性能は値段に比例すると言っても過言ではない。

波止釣り『エサ図鑑』:シラサエビ 釣れる魚・入手方法・使い方エビはエビクーラーで管理するのが一般的(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

長時間生かしておくための注意点

シラサエビが水中で呼吸と代謝をすることで、何もしなければ水中の酸素濃度は低下し、水も汚れる。エビの量が多い場合や、エアーポンプのパワーが弱い場合は、水に入れると酸素を発泡する固形酸素発生剤も助けになる。

波止釣り『エサ図鑑』:シラサエビ 釣れる魚・入手方法・使い方固形酸素発生剤(提供:TSURINEWSライター伴野慶幸)

水の汚れに対しては、交換用の水を持参するのも難しいので、最初から大きめの容器に多くの量の水を入れておいて、汚れが濃くならないようしのぐのが現実的な対応と思われる。

あと、水温にも注意が必要で、高水温になるとエビは弱ってしまう。気温が高い、日差しが強い日は、適水温である20~25℃を保つために、容器を日陰に置く、容器を白タオルで覆う、氷や保冷剤を入れるなどのケアを心がけたい。

次のページでハリへの刺し方を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。