沖磯でのフカセチヌ釣りで48cm頭8匹 乗っ込みに好期待【和歌山・田辺】

沖磯でのフカセチヌ釣りで48cm頭8匹 乗っ込みに好期待【和歌山・田辺】

和歌山田辺の沖磯へフカセ釣りでチヌを狙って釣行。連発もあり、最大48cmを頭に8匹の釣果を得た釣行をリポートします。

和歌山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター安田裕也)

安田裕也

和歌山県南紀を中心に一年中フカセ釣りを楽しんでいます。グレがメインですが春にはチヌ釣りも。釣研field staff ぐれふぇすた所属

×閉じる

海釣り 磯釣り

黒田渡船で湾内のトナカへ渡礁

寒グレシーズンも終盤を迎え、グレの釣果も下火になって磯ムラも激しくなってきました。そうなってくると次は乗っ込みチヌが始まります。そんなわけで、毎年2月後半ぐらいから4月後半にかけては、グレ釣りを休憩しチヌ釣りをします。

そのチヌの釣果がちらほらと聞こえてきた3月24日、和歌山県田辺の磯へ黒田渡船にお世話になり、フカセ釣りでチヌを狙って出掛けてきました。当日は同じクラブの児玉君と相談し、湾内のトナカに降りる事にしました。

沖磯でのフカセチヌ釣りで48cm頭8匹 乗っ込みに好期待【和歌山・田辺】田辺の磯場風景(提供:TSURINEWSライター安田裕也)

エサと仕掛け

この日、用意したまきエサはオキアミ3kg1枚にチヌ用集魚材3袋に押し麦、コーン、ヌカをしっかりと練り上げ遠投ができるように仕上げたもの。さしエサは加工オキアミ、ボイル、コーン、ネリエを用意しました。

スタートの仕掛けは征黒0号ウキを使った半遊動仕掛けで、タナは2ヒロ半。

トナカはシモリだらけなので、釣りができそうな船着きに並んで竿を出すことにしました。

釣友が早々に本命40cm

まきエサを多めに打ち、ポイントを作りながらスタート。すぐにアタリがあるもこれはコッパグレで、どうやらコッパグレの活性が高いようです。さしエサをローテーションしながら流していると、隣の児玉君が大きく竿を曲げて40cm後半はある良型のチヌをゲット。しばらくし、2匹目を追加します。

沖磯でのフカセチヌ釣りで48cm頭8匹 乗っ込みに好期待【和歌山・田辺】釣友が早々に本命をキャッチ(提供:TSURINEWSライター安田裕也)

これで、「さぁこれからと」なってきたのですが、当て潮がきつくなってきたのと、これから真正面からの風が強くなってくるのを考慮し、磯をかわることにしました。

磯がわりでハダカ島へ

かわった磯はこちらも湾内磯のハダカ島。北向きに釣り座をとり、ここでもまきエサを多めに打ちポイントを作って行きます。そして、仕掛けをT-LANCERの棒ウキを使った仕掛けに変更。誘いをかけてさしエサをアピールしやすくしました。

ここでもすぐにコッパグレが釣れてきたので、さしエサが残るコーンをメインで使うことに。

48cm頭に3連像ヒットも

まきエサを打ち始めて1時間ぐらいしたころ、棒ウキに怪しい反応がありましたが本アタリまでいかず。そこで誘いを入れてやると、そのままラインが走るアタリ。これと分かる重量感にチヌ独特の頭を振る引きを楽しみながらタモに納めたのは48cmのチヌでした。

沖磯でのフカセチヌ釣りで48cm頭8匹 乗っ込みに好期待【和歌山・田辺】48cmのチヌをキャッチ(提供:TSURINEWSライター安田裕也)

そのあとは3連続で釣れたので児玉君と並んで釣ることに。すると児玉君にもすぐにチヌが。

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。