人生初のキンメダイ釣りに挑戦 良型本命4尾手中に大満足【新島沖】

人生初のキンメダイ釣りに挑戦 良型本命4尾手中に大満足【新島沖】

3月に静岡・下田須崎港から人生初の憧れのキンメ釣りにチャレンジしてきました。長年夢見ていた念願のキンメを釣ることができた、幸せな釣行をレポートします。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

新島沖でキンメ狙い

新島沖のキンメは、「トロキンメ」と呼ばれてサイズもよく美味ともっぱらのうわさ。

釣行当日は、3時30分に受け付けを済ませて出船の準備。女将さんから氷をたっぷり配られ、クーラーが赤い魚であふれることを願いながら準備を進めます。

4時、この日は4人で出船。今回はCZ―9キンメスペシャルⅣというキンメ専用の最新電動リールをお借りすることに。

キンメ釣りのスペシャリスト、山崎さんに仕掛けの投入方法などを教わりながら、移動中も一連の動作を頭の中で何度も繰り返し、頭に叩き込みます。この釣りは、チャンスが一日に8投しかなく、投入の動作をミスしてしまうと1回お休みに。それを避けたかったからです。

水深500mへ仕掛け投入

1時間半ほど船を走らせたところで、新島沖のポイントに到着。水深は500m前後。船長の合図で、ひとりひとり順番に仕掛けを投入していきます。ちなみに、使用した仕掛けは15本バリで、エサはサバ短やイカなど。

緊張の1投目。先頭の山崎さんの仕掛けが半分ほど落ちたところで、「いいよ!」とゴーサイン。2kgのオモリを軽く投入して、仕掛けがスムーズに落ちていくように構えます。

仕掛けがすべて落ちたら、すぐにドラグをフリーに。すると、仕掛けはみるみる海底へ。なんとか投入成功です!

着底したら、ラインをフリーにしたまま、指でラインを止めたり送り込んだりしてラインテンションを操作。ウネリがあったこともあり、これが難しかった。

定番ゲストのドンコ浮上

タナは底から5m。そこに合わせて仕掛けを這わせていくことがこの釣りのキモであり、難しいところ。なかなかコツをつかめず、アタッているのかいないのか、全然わかりません。

しばらく流したところで、「はい、山崎さんから上げて~」とアナウンス。回収もひとりずつ順番に行います。

何か魚はかかっているのか、ドキドキしながら高速でラインが巻かれていく電動リールを見つめます。そして上がってきたのは、深場釣りで定番ゲストのドンコ。汁物などにすると、とても美味しいそうです。

山崎さん本命キンメゲット

山崎さんには、さっそく本命がヒット。赤くて美しいキンメが取り込まれます。びっくりしたのは、その大きさ。私が今まで煮付けなどで食べてきたキンメよりもひと回り、いや、ふた回りは大きいのです。ところが、「これは小さいほう。2kg超えるのもいるからね」と山崎さん。

ドンコがきたということは、仕掛けをズル引きしている可能性が高いので、次の流しはもう少しラインテンションを張り気味に流してみることに。すると、ピクピクッと竿先にアタリ。ラインを少しだけ緩めます。

人生初のキンメダイ釣りに挑戦 良型本命4尾手中に大満足【新島沖】山崎さんは本命3点掛け(提供:週刊つりニュース関東版 白井亜実)

憧れの本命キンメ1.8kgヒット

そして待ちに待った緊張の回収タイム。回収中にも、時おり暴れるような引き。祈りながら仕掛けをたぐっていくと、顔を出してくれたのは1.82kgの本命。

憧れの魚。しかもファーストヒットでこんな良型に出会えて感無量です。しかしいい流れは続かず、次の流しは全員ノーヒット。

その後は、船中ポツリポツリと本命が上がる感じで、私ももう1尾追加。良型が中心だったので、私自身は充実感を覚えていたのですが、船長によるとこの日は潮型が悪く、苦戦しているとのこと。ポイントを探し、船を走らせます。

次のページで著者に本命がダブルでヒット

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。