志摩沖トンボジギングで27kg『タネトン』 船中キハダも浮上【三重】

志摩沖トンボジギングで27kg『タネトン』 船中キハダも浮上【三重】

三重県・志摩沖は連日ビンチョウマグロ(ビンナガ)の大フィーバー。今回は27kgのタネトンをゲットできた、3月9日の志摩市片田の遊漁船への単独釣行の模様をリポートする。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

志摩沖でトンジギ

三重県・志摩沖は連日ビンチョウマグロ(ビンナガ)の大フィーバー。いてもたってもいられず3月9日に志摩市片田の遊漁船に単独釣行した。予約順で3人組がミヨシを選択し、幸運にも私はトモ。若いカップルも参戦し、その2人は胴に座を構えた。出船は午前5時50分。船は一路志摩沖のポイントを目指す。

約40分でポイントに到着。船長から「いい潮目があるので、ここから流します。ラインカラーは15色ぐらいから始めてください」と声がかかった。

志摩沖トンボジギングで27kg『タネトン』 船中キハダも浮上【三重】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

あいや~ロング280gをセットし、指示ダナまで落とす。潮はかなり効いているようで、ラインが前方へ出ていく。いつも通り緩やかなワンピッチワンジャークを始める。100~80m付近でかなり抵抗が強く、潮目がありそうだ。潮の効いている層を意識してフォールを繰り返すが、3回に一度はいったん巻き上げて再度落とし込む。

早々に同船者に10kg超

始めると早々にミヨシから2番目のアングラーにヒット。上がってきたのはビンチョウマグロ。10kgオーバーだ。タナは60mぐらいとのこと。開始5分での本命に「今日も爆釣!」と期待は膨らむ。だがこの後次が続いてこない。

1時間ほどすると、隣のアングラーにヒット。やり取り中に胴のアングラーとライン交差し、かわそうと緩んだ瞬間、ハリ外れとなった。僚船も全くアタリがない。マグロジギングはギャンブルみたいなものだが、必ずチャンスはくると信じてジャークを繰り返す。

20kg超タネトン浮上

9時半ごろ、ミヨシのアングラーにヒット。このアングラーは2匹目。早々に取り込んだのは良型のカツオ。時合いかと思った時、80mラインでガツン!頭をこちら向けようとするが、バットに乗る重量感から久しぶりに良型の予感。すると隣にもヒット。ラインが胴寄りに流れていく。

隣のアングラーをかわし胴へ移動。フルドラグだが、ラインが引き出されていく。サミングで押さえて巻き取る。スロー用のロッドを曲げて格闘していると、船長から「伊藤さん、無理すると折れるぞ」と声がかかる。

これまでの経験からまだまだイケると判断。それに曲げないとマグロは取れない。20分後、ようやく水面下に魚体が光った。でかい!優に20kgは超えている。船べりにラインが擦れないように注意して、無事にタモに収まった。

船上に横たわる魚体を見ながら、疲れとうれしさがこみ上げる。マグロの血抜き処理を終えた船長は、ひざ乗せで写真を撮ってくれた。しばらく休んでから再開。船上では連鎖はしないものの、ポツポツとカツオやビンチョウが釣れていた。

アタリなく休戦状態へ

11時半ごろ、今度は100mラインでヒット。これもかなりの重量感。10分ほどやり取りしたが、ロッドからテンションが抜けた。掛かりどころが悪かったか。正午を回ると全くアタリがなくなった。

船長はアングラーに声をかけるが、疲れで戦意喪失、休んでいるアングラーが続出。沖上がりは午後2時。船長に納竿間際にキハダがくるかもって冗談を言っていると、ドラマは訪れた。

船上一丸となりキメジ登場

胴でジャークを続けていた彼女さんにヒット。スピニングタックルの短い剛竿を彼氏さんがポンピング開始。サオを持ち上げては、彼女さんがリールを巻く。船上では皆が応援団。無事に取り込まれることを願ってひとつになっていた。上がってきたのは10kgを超えるキメジ。無事にタモに収まり、大きな歓声とともに拍手が起こった。

志摩沖トンボジギングで27kg『タネトン』 船中キハダも浮上【三重】ドラマとなった10kg超えキメジ(提供:週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋)

渡船場で検量の結果、私のビンチョウは27kg。全体ではビンチョウ27kgまで5匹、キメジ13kg、カツオ10kgと7kgだった。今年もビンチョウマグロは絶好調。初チャレンジで好釣果を上げるアングラーも珍しくない。この強烈な引きを味わうと病みつき間違いなし。

<週刊つりニュース中部版APC・伊藤明洋/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年4月2日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。