南伊豆で『トンボジギング』堪能 ビンチョウマグロ船中18本【恵丸】

南伊豆で『トンボジギング』堪能 ビンチョウマグロ船中18本【恵丸】

冬から春にかけて、三重県志摩沖などで話題となる「トンジギ」。このトンジギだが、関東在住アングラーの私でも比較的挑戦しやすい南伊豆でチャレンジしてきた。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古谷健太)

古谷健太

東京湾、相模湾での船釣りを中心に何でもやる雑食系です。楽しんでもらえる情報をお伝えできるよう頑張ります。

×閉じる

ソルトルアー オフショア

最終釣果

その後もぽつぽつと絶えずヒットがあり、私も2匹目の10㎏超のマグロを追加できた。女性アングラーでも複数キャッチし、トップの方は合計7本のビンチョウマグロをゲットしていた。

南伊豆で『トンボジギング』堪能 ビンチョウマグロ船中18本【恵丸】私は2匹をキャッチ(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

船中釣果は7人で18本、残念ながらお一人だけキャッチならずであったが、その方もヒットはあり、水面で惜しくもバレてしまったもので、マグロとのファイトはこの日乗船した全メンバーが体験することとなった。朝の船長の言葉とは裏腹に好釣果で終わることができた。

この日の数日前には10本超えゲットが複数人出るなど、相当派手な釣果になる日もあり、挑戦するならまさに今といった感じだ。

今後の展望

この釣りは伊豆の南沖という遠征の釣りになるため、風や波によっては出船できないことが多く、まず出船できたことが幸いで、しかもなかなか好調の日に乗船できて良い一日となった。シーズン中に再度訪れたいと思っているが、突然の釣行となったため、準備が間に合わなかったジグなどもあった。次回は新しいジグの効果、そしてどんな釣りになるか、楽しみである。

南伊豆で『トンボジギング』堪能 ビンチョウマグロ船中18本【恵丸】釣れている今のうちに挑戦を(提供:TSURINEWSライター古谷健太)

帰り際、船長から聞いた話では、例年4月ごろから段々とビンチョウマグロの群れは減っていき、ここにキハダが混じるようになり、段々とトンジギは終わりを迎えることになるとのことである。挑戦をお考えの方はなんとか釣れている今のうちに早めの挑戦をお勧めする。

<古谷健太/TSURINEWSライター>

▼この釣り船について
恵丸

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。